日本人サッカー選手歴代移籍金ランキング66位~70位。アジアカップ得点王が高額な移籍金でJリーグに復帰も…期待外れに終わったのは…

2021年11月26日(Fri)6時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


70位:期待されたスペイン2年目だったが…

20211125_久保建英_getty
【写真:Getty Images】

MF:久保建英(日本代表/マジョルカ)
生年月日:2001年6月4日(20歳)
クラブ:レアル・マドリード→ビジャレアル(レンタル移籍)
移籍日:2020年8月10日(当時19歳)
移籍金:125万ユーロ(約1.5億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2015年にバルセロナの下部組織を退団し、日本に帰国した久保建英。3月にFC東京に加入すると、Jリーグ最年少出場記録や最年少ゴール、21世紀生まれの選手では初のJリーグ出場など様々な最年少記録を打ち立てた。

 横浜F・マリノスへのレンタル移籍から復帰した2019年は開幕から主力に定着。公式戦16試合で5ゴールと結果を残し、夏に古巣バルセロナのライバルであるレアル・マドリードへと移籍した。スペイン1年目はラ・リーガに復帰したばかりのマジョルカへレンタル移籍。チームは1年での2部降格となってしまったが、久保自身は35試合で4ゴール4アシストと結果を残した。

 そして20年夏、注目された2年目はビジャレアルへとレンタル移籍することに。この時に125万ユーロ(約1.5億円)の移籍金がレアル・マドリードに支払われた。多くの経験を詰むためにビジャレアルへと移籍した久保だったが、同じ右WGにはジェラール・モレノやサムエル・チュクウェゼといった実力者がいたこともあり、ベンチ要員となってしまった。結果的に公式戦19試合でわずか1ゴールという成績に留まり、予定より半年早い21年冬にビジャレアルを退団した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top