浦和レッズが天皇杯優勝!槙野智章がラストマッチ終了間際に劇的決勝ゴール【天皇杯決勝】

2021年12月19日(Sun)16時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

浦和レッズ
【写真:Getty Images】



【浦和レッズ 2-1 大分トリニータ 天皇杯決勝】

 天皇杯決勝の浦和レッズ対大分トリニータ戦が19日に国立競技場で行われ、2-1の勝利を収めた浦和が優勝を飾った。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季J1を6位で終えた浦和は準決勝でセレッソ大阪を下して3年ぶりの決勝進出。一方の大分は来季J2への降格が決まったが、天皇杯準決勝では死闘の末に王者川崎フロンターレを下して初めて決勝の舞台へ進んだ。

 前半6分、試合は早くも動く。小泉佳穂と関根貴大が相手エリア右の密集地帯を強引に突破し、ゴールライン際まで持ち込んだ関根が大分守備陣を引きつけてゴール正面にマイナスのボールを戻す。ここに江坂任が右足で合わせ、GKとDFの間を抜けたボールがネットに突き刺さった。

 その後は両チームともになかなか決定的なシュートチャンスに持ち込むことはできず。浦和が1点リードのまま前半を折り返す。

 70分には追加点の決定的チャンスを迎えた浦和だが、準決勝でも好セーブを連発していた大分GK高木駿が江坂に一旦かわされながらも必死に手を伸ばしてシュートをストップ。さらに浦和はこのプレーで得たCKから岩波拓也がネットを揺らしたがオフサイドで無効となった。

 浦和はこの試合を最後にチームを去る宇賀神友弥や槙野智章も終盤に投入して逃げ切りを図ったが、大分は準決勝に続いて粘りを発揮。アディショナルタイム直前の90分、左サイドの下田北斗からのクロスにペレイラが頭で合わせて1-1の同点に追いつく。

 だが延長突入かと思われた93分、さらに劇的な展開が待っていた。浦和の右CKからクリアされたボールを拾った柴戸海がボレーシュートを放ち、ゴール前の槙野が頭で合わせてコースを変える。ラストマッチとなる槙野の劇的ゴールが決勝点となり、浦和が3年ぶり8度目の優勝を飾るとともに、来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得した。

【得点者】
6分 1-0 江坂任(浦和)
90分 1-1 ペレイラ(大分)
90+3分 2-1 槙野智章(浦和)

【了】

新着記事

↑top