Home » 海外サッカー » 南米/その他リーグ » 2021年南米ベストイレブン。世界最高の男は健在! アルゼンチン、ブラジル以外からの選出は?

パンデミックにより延期を余儀なくされた東京五輪(東京オリンピック)、ユーロ(欧州選手権)、コパ・アメリカ(南米選手権)が行われた2021年も幕を閉じた。今回は、2021年を彩った選手の中から、南米国籍限定のベストイレブンを選定した。(成績は2021年12月26日時点)

FW

20211230_FW_getty
【写真:Getty Images】

ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン代表)
所属クラブ:インテル
生年月日:1997年8月22日(24歳)
リーグ戦成績:41試合22得点8アシスト
アルゼンチン代表成績:14試合6得点3アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季のセリエAでは17得点10アシストという申し分ない成績を残し、インテルに11年ぶり19回目となるスクデットをもたらした。そしてチームのエースであったロメル・ルカクが退団し、より一層点取り屋としての期待感が増した2021/22シーズンも好調を維持。リーグ戦17試合で得点ランキング4位となる11得点をマークし、インテルを「冬の王者」へと導いている。

 アルゼンチン代表での存在感も非凡なものがあった。コパ・アメリカ2021ではグループリーグ最終節、準々決勝、準決勝と3試合連続でゴールを記録するなど、28年ぶりとなる優勝に大きく貢献。FIFAワールドカップカタール2022・南米予選では2021年内に行われた9試合で3得点3アシストという成績を収めた。まだ24歳と若いストライカーは、今後もゴールネットを揺らし続けてくれるだろう。

リシャルリソン(ブラジル代表)
所属クラブ:エバートン
生年月日:1997年5月10日(24歳)
リーグ戦成績:34試合8得点2アシスト
ブラジル代表成績:9試合2得点1アシスト
五輪代表成績:6試合5得点1アシスト

 今年は“超多忙”だった。昨季エバートンでほぼフル稼働すると、その後休む間もなくブラジル代表としてコパ・アメリカ2021に参戦。同大会では主力として全試合でピッチに立ち、グループリーグ第2節ペルー代表戦では1得点1アシストと大活躍するなど、チームの準優勝に貢献した。そして、そこからオフに入るのではなく、今度は日本へ渡り東京五輪(東京オリンピック)に参戦した。

 4年に一度行われるスポーツの祭典では、グループリーグ第1節U-24ドイツ代表戦でハットトリックといきなり大爆発。同第3節U-24サウジアラビア代表戦でも2得点と結果を残しており、最終的に金メダルを獲得。個人としては大会得点王に輝くなど、エースとしての仕事を全うした。その後エバートンに戻り主力としてプレー。今季ここまでリーグ戦11試合で3得点2アシストを記録している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top