ブラジルの希望! 最強の逸材5人。17歳で名門の主力を担う超新星、ペレとネイマールを上回る若さでプロデビューを飾ったのは?

2022年01月05日(水)7時00分配信

シリーズ:最強の逸材
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

キリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、世界には数々の若きスター選手が存在する。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、まだまだこれから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、今まさに頭角を現しつつある若手選手をピックアップ。今回は20歳以下の選手を対象にブラジルの逸材5人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


ブラジル代表の将来のディフェンスリーダー

20220104_カイキ・フェルナンデス_getty

【写真:Getty Images】

DF:カイキ・フェルナンデス(サントス)
生年月日:2004年1月12日(17歳)
昨季リーグ戦:15試合0得点0アシスト(ブラジル・セリエA)
市場価値:800万ユーロ(9.6億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 17歳という若さで名門サントスのレギュラーとしてプレーするカイキ・フェルナンデスは将来の成功を約束された選手と言っても過言ではない。年齢を感じさせない完成度の高いCBで身長は186cmとフィジカル的にも恵まれている。また、ブラジルの年代別代表では各世代で主将を務めており、リーダーシップにも優れている選手だ。

 サントスのアンダーカテゴリーを飛び級で昇格すると21年2月にトップチームデビュー。シーズン途中にハムストリングの負傷によって長期離脱も余儀なくされたが、デビューまもなく3-4-3の右CBのレギュラーに定着した。コパ・リベルタドーレスでは全10試合に先発起用されており、サントスが契約解除金を7000万ユーロ(約84億円)に設定していることからもその期待度の高さが伺える。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top