ポルトガルの希望! 最強の逸材5人。ルベン・ディアスに次ぐ逸材、ポルトガルのメッシと呼ばれる男とは?

2022年01月13日(Thu)7時00分配信

シリーズ:最強の逸材5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

キリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、世界には数々の若きスター選手が存在する。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、まだまだこれから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、今まさに頭角を現しつつある若手選手をピックアップ。今回は20歳以下の選手を対象にポルトガルの逸材5人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

ルベン・ディアスに次ぐ逸材

0112-イナシオ
【写真:Getty Images】

DF:ゴンサロ・イナシオ(ポルトガル代表/スポルティングCP)
生年月日:2001年8月25日(20歳)
今季リーグ戦:12試合3得点1アシスト
市場価値:1600万ユーロ(約19億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2012年にスポルティングCPの下部組織に加入したゴンサロ・イナシオは、ユース世代からその才能を発揮した。2019/20シーズンにスポルティングU-19での出場をメインとしていたが、U-23の試合にも出場。すると、翌年にはU-23ではなく、一気にトップチーム昇格を果たした。

 翌シーズンの第3節でデビューを果たすと、シーズン後半にはスタメンに定着した。広い視野と鋭い戦術眼を持ち合わせ、高精度のロングパスでチャンスを演出するイナシオは瞬く間にチームの中心選手となり、19年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。その活躍から、2021年9月にはFIFA W杯カタール2022欧州予選に挑むポルトガル代表に初選出された。高い技術を持ち、対人守備でも強さを見せるこの男は、ルベン・ディアスに次ぐ存在となっていくだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top