日本代表
【写真:JFA】



 日本サッカー協会(JFA)は17日、日本代表の活動後に国内組選手たちに課される隔離期間が短縮されたことを明らかにした。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 当初は政府の方針によって、2月1日に行われるカタールワールドカップのアジア最終予選・サウジアラビア戦翌日から14日間の隔離となるはずだった。しかし、JFAの粘り強い交渉も実って隔離期間が14日間から6日間に短縮されることとなった。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ワールドカップ予選の2試合に帯同した国内組は、2月2日から7日までを引き続き日本代表が形成するバブルの中で過ごす。そして7日に行う新型コロナウイルスの検査で陰性が確認されしだい、速やかにバブルを出られるという。

 17日にオンラインで取材に応じたJFAの反町康治技術委員長によれば、7日朝の検査で迅速に陰性の確認が取れれば、最短でその日の午後から所属クラブの活動に参加することも可能とのこと。

 また、これまで国内組の選手たちは日本代表活動後も「個人バブル」の中で過ごしていた。その場合、ホテルに宿泊しながらクラブの練習のみ参加でき、しばらく自宅に帰れなかったが、今回は6日間の隔離期間を消化した後に行動制限はなくなる。

 6日間の隔離明けすぐから公共交通機関も利用できるため、新幹線や飛行機に乗ってすぐキャンプ地に向かったり、自宅に帰ったりすることも可能になった。

 日本代表活動後に14日間の隔離を求められることに対し、ヴィッセル神戸をはじめとした7クラブが連名でJFAに上申書を提出するなど反発も出ていた。その中で今回の隔離期間短縮が決まり、反町技術委員長はすでに選手たちや各クラブに通達したという。

 そして「こういう短期間にしてもらって、(政府や関係部署には)本当に感謝してもしきれないですし、クラブの方々もある程度は理解した上で了承していただきました」と明かした。

 2月2日からの隔離期間中も日本代表が形成するバブルの中でホテルとグラウンドの行き来は可能なため、選手たちは練習を継続することができる。7日以降にクラブへ戻れるため、川崎フロンターレと浦和レッズに所属する選手たちは、2月12日に予定されているFUJIFILM SUPER CUP 2022にも出場可能となった。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top