史上最高額の日本人は誰だ? サッカー選手歴代市場価値ランキング76~80位。21歳でキャリアハイ記録したDFに浦和レッズのレジェンドも!

2022年01月25日(Tue)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

77位:ガンバが生んだ小柄なSB

安田理大
【写真:Getty Images】



DF:安田理大(ガンバ大阪)
最高市場価値:200万ユーロ(約2.4億円)
更新日:2009年1月5日(当時21歳)

 もともとガンバ大阪サポーターだった安田理大は、小学4年生の時に同クラブの下部組織に加入した。その後ジュニアユース、ユースと順調にステップアップし、2006年にトップチーム昇格を果たすことになっている。1年目となった2006シーズンの成績は公式戦2試合出場に留まったが、翌2007シーズンに転機が訪れた。

 プロ当初は中盤でプレーしていたが、当時監督を務めていた西野朗によりサイドバックへと抜擢されたのである。そしてゼロックススーパーカップで優勝に貢献すると、その後のリーグ戦でもスタメンに名を連ね続けた。それだけでなく、安田はナビスコカップでニューヒーロー賞を受賞。さらに大会MVPにも選出されているなど、大きく羽を広げることになった。

 2008シーズンも左サイドバックのファーストチョイスとしてG大阪をサポート。同年には日本代表デビューも果たしている。そんな安田の市場価値は2009年1月、当時わずか21歳の時に自己最高額となる200万ユーロ(約2.4億円)まで上昇している。ちなみにその後は下がったものの、フィテッセ在籍時の2012年1月に再び同額を叩き出すことになった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top