DF

0126-酒井
【写真:Getty Images】



酒井宏樹(浦和レッズ)
生年月日:1990年4月12日
日本代表通算成績:68試合1得点

 昨年、9年ぶりにJリーグへ復帰した酒井宏樹は、欧州リーグ終了後にほとんどオフがない状態で東京五輪に出場。同年9月に行われたアジア最終予選のオマーン代表戦後には、オーバーワークを考慮されチームを離脱した。10月に行われたサウジアラビア代表、オーストラリア代表との試合には出場したが、浦和レッズで試合に出続けていたこともあり、疲労の色を隠せなかった。

 攻撃面では果敢なオーバーラップからの高速クロスでチャンスメイク。守備面でもリーグ1やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でスター選手を抑えてきた対人の強さで、右サイドを封鎖する。攻守両面で奮闘し右サイドを支配する酒井の実力と経験は、日本代表に必要不可欠だ。
 
 2021年11月に行われたベトナム代表、オマーン代表とのアウェイ2連戦は怪我により欠場。山根視来が代役を務めた。だが、Jリーグもシーズンが終わり、わずかだが休養を取った酒井は、27日に行われる中国代表で先発に復帰するだろう。

0126-板倉
【写真:Getty Images】

板倉滉(シャルケ04/ドイツ)
生年月日:1997年1月27日
日本代表通算成績:5試合1得点

 日本代表の要である吉田麻也、冨安健洋が負傷により負傷により今シリーズで不在。その穴を埋める存在となるのは、シャルケ04で活躍する板倉滉だろう。昨年行われた東京五輪では、怪我により出遅れた冨安の穴を完璧に埋める活躍を見せ、ベスト4進出に大きく貢献した。

 身長186cmと恵まれた体格を持つ板倉は、リーチを活かしたDFでボールを刈り取る。対人の強さだけでなく、危機察知能力にも長けるこの男は相手の攻撃の芽を摘み取り、カウンターの起点となる。攻守でチームに貢献できる板倉は、まさに現代型のセンターバックだ。

 2021年9月から行われているアジア最終予選ではここまで出場がないが、日本代表メンバーには常に選出されてきた。東京五輪やドイツで活躍した板倉は、今月27日に行われる中国代表戦に臨む。

0126-谷口
【写真:Getty Images】

谷口彰悟(川崎フロンターレ)
生年月日:1991年7月15日
日本代表通算成績:5試合0得点

 日本代表不動のセンターバック、キャプテンとして君臨する吉田麻也は右足太ももの負傷、冨安健洋は右足ふくらはぎの負傷によりともにメンバーを外れた。窮地に追いこまれた日本代表は、谷口彰悟を彼らの代役として起用するだろう。

 2017シーズンのJリーグ初優勝以降、川崎フロンターレは5年間で4度のリーグ制覇を達成。そのJリーグ最強クラブを後方から支え、2020シーズンからはキャプテンとしてまとめ上げるのが谷口だ。

 守備はもちろんだが、強いキャプテンシーと高いパス精度を持ち合わせる谷口は、後方からゲームを組み立てることが出来る。日本代表での出場は5試合しかないが、このJリーグ屈指のDFは、27日にホームで行われる中国代表との一戦でスタメンに抜擢されるだろう。

0126-長友
【写真:Getty Images】

長友佑都(FC東京)
生年月日:1986年9月12日
日本代表通算成績:131試合4得点

 インテルやマルセイユなど名だたる欧州クラブで活躍した長友佑都は、昨年9月に11年ぶりのJリーグ復帰を決断。古巣であるFC東京へ加入した。35歳になってなお、最前線で戦い続ける長友は、昨年行われたアジア最終予選全試合にスタメン出場している。

 長きに渡り日本代表でも活躍する長友の経験値は、若手選手たちに多くのものをもたらす。ベテランとなり、全盛期に比べてパフォーマンスは落ちているが、左SBは今も不動のままだ。

 昨年10月に行われたオーストラリア代表戦では果敢に攻め上がり、左サイドからの攻撃に厚みを持たせた。同年11月に行われたアウェイ2連戦はどちらも厳しい試合となったが、無失点での勝利に貢献している。最終予選6試合中、フル出場したのは1試合のみ。交代で入る中山雄太のプレータイムは徐々に伸びているが、森保一監督はおそらくこの35歳を先発で起用することになるだろう。

【次ページ】MF紹介

1 2 3 4 5

新着記事

↑top