槙野智章が劇的恩返し弾!浦和レッズとヴィッセル神戸は激戦の末2-2ドロー【J1第9節結果】

2022年02月23日(水)18時01分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

浦和レッズ 最新ニュース

槙野智章
【写真:Getty Images】



最後はイニエスタの絶妙クロスに槙野のヘッド

 明治安田生命J1リーグ第9節の浦和レッズ対ヴィッセル神戸戦が23日に行われ、2-2の引き分けに終わった。



【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

【浦和レッズ 2-2 ヴィッセル神戸 J1第9節】

 ともに今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得している2チームは直接対決の日程を前倒し。開幕戦を落としている両チームとしては何としても連敗スタートは避けたいところだった。

 古巣の本拠地に乗り込む槙野智章も先発した神戸は、序盤にいきなり大きなチャンスを迎える。右CK後の流れからエリア右で仕掛けた大迫勇也に松崎快の足がかかり、一旦はノーファウルと判定されたがVARレビューを経てPKが与えられた。

 大迫が治療を受けたこともあり武藤嘉紀がキッカーを務めたが、このシュートをGK西川周作が見事にセーブ。だが直後のスローインから再びゴールに迫った神戸は、山口蛍のパスを受けた武藤が角度のない位置から西川の頭上を抜く鮮やかなシュートで先制点を叩き込んだ。

 しかしそのわずか2分後、PKを与えた松崎が自らのJ1初ゴールで試合を振り出しに戻す。カウンターから関根貴大が左サイドに持ち込み、横パスを受けた松崎が左足で合わせて神戸のゴールを破った。

 さらに前半19分、左CKから馬渡和彰のクロスを明本考浩がニアで触り、浮いたボールを柴戸海が豪快なヘディング弾で叩き込んで浦和が逆転。その後も両チームに決定機が生まれる攻め合いとなったが、2-1で前半終了を迎える。

 58分には明本と小林友希が中盤で激しくボールを奪い合い、ファウルを受けた明本が小林の首を押して突き倒してしまう。小林にはイエロー、明本には一発レッドカードが提示され、浦和は10人での戦いを強いられることに。

 数的優位に立った神戸は開幕戦を欠場していたアンドレス・イニエスタも投入して反撃を繰り出していく。浦和の粘り強い守備や西川の好守に苦しんだが、87分にはイニエスタのピンポイントクロスに槙野が飛び込んでヘディングで同点ゴール。さらに攻め続けた神戸だが終盤の決定機は活かせず、2-2のドローに終わる結果となった。

【得点者】
10分 0-1 武藤嘉紀(神戸)
12分 1-1 松崎快(浦和)
19分 2-1 柴戸海(浦和)
87分 2-2 槙野智章(神戸)

【了】

新着記事

↑top