浦和レッズ歴代最強ストライカー5人。福田正博、興梠慎三、エメルソン…ゴールを量産した男たち

2022年03月12日(Sat)9時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,


浦和レッズ 最新ニュース

 1993年に開幕したJリーグは今年で30周年の節目を迎えた。浦和レッズでは、これまでに多くのストライカーたちがクラブのためにゴールを量産してきた。今回は、歴代ストライカーから5人を厳選して紹介する。


福田正博

福田正博
【写真:Getty Images】

生年月日:1966年12月27日
リーグ通算成績:228試合93得点
在籍時期:1992-2002


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 浦和レッズの歴代最強ストライカーを挙げる上で、福田正博は欠かせない。「ミスター・レッズ」は、リーグ戦228試合に出て93ゴールを記録した。

 福田はレッズの前身である三菱重工サッカー部に1989年に入部。1年目に日本サッカーリーグ2部で得点王となる36ゴールを挙げると、その後もレッズでゴールを量産した。

 Jリーグが誕生したあとも、もちろんレッズのエースは福田だ。1995年にはシーズン32ゴールを挙げて得点王に輝くなど、圧倒的な決定力を見せている。Jリーグ初期のレッズと言えば下位が定位置だったものの、そこから這い上がって今がある。その礎は福田らが築いたものと言っても過言ではない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top