コンサドーレ札幌が5試合連続ドロー。セレッソ大阪は2度のリード守れず【J1第5節結果】

2022年03月19日(土)18時00分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

Jリーグ
【写真:Getty Images】



セレッソ大阪対コンサドーレ札幌は2-2

 明治安田生命J1リーグ第5節のセレッソ大阪対北海道コンサドーレ札幌戦が19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。



【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】

【セレッソ大阪 2-2 北海道コンサドーレ札幌 J1第5節】

 前半25分、まずはホームのC大阪が試合を動かす。前線からのプレスでGKのパスミスを誘ってボールを奪うと、乾貴士からのパスでエリア右に抜け出した山田寛人が右足で力強く蹴り込んだ。

 札幌もその5分後には試合を振り出しに戻すことに成功。左CKからルーカス・フェルナンデスの上げたボールに岡村大八が飛び込み、ファーサイドからヘディングで叩き込んだ。

 だが62分、同点ゴールを挙げた岡村が痛恨のミスを犯してしまう。自陣ゴール前から蹴り出そうとする場面でまさかの空振り。こぼれたボールをもう一度クリアしようとした岡村のキックは、ボールを奪いに来たブルーノ・メンデスの足に当たってゴールに収まった。

 札幌も再び反撃に転じ、76分には2度目の同点ゴール。金子拓郎が右サイドから左足でゴール前に鋭いボールを入れると、ヘディングで飛び込んだ中島大嘉はわずかに届かなかったが、ボールはそのままゴール左隅に吸い込まれていった。

 終盤には原川力のFKが惜しくもGKの好セーブに阻まれるなど、それ以上スコアは動かず。C大阪は2連勝ならず、札幌はこれで開幕から5試合連続のドローとなった。

【得点者】
25分 1-0 山田寛人(C大阪)
30分 1-1 岡村大八(札幌)
62分 2-1 ブルーノ・メンデス(C大阪)
76分 2-2 金子拓郎(札幌)

【了】

新着記事

↑top