Jリーグ、異例の“再試合”決定。J2モンテディオ山形対ファジアーノ岡山戦で競技規則適用ミス

2022年04月05日(Tue)18時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,


Jリーグ 最新ニュース

モンテディオ山形
【写真:Getty Images】




前半10分のGK退場判定が問題に


 Jリーグは5日、明治安田生命J2リーグ第8節のモンテディオ山形対ファジアーノ岡山戦において審判員による競技規則適用ミスがあった問題について、試合の取り扱いを「再試合」とすることを発表した。



【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 問題の試合は3日に山形ホームのNDソフトスタジアム山形で開催。アウェイの岡山が後半アディショナルタイムのゴールにより1-0の勝利を収めたが、前半11分に山形のGK後藤雅明にレッドカードが出された判定が問題視されていた。

 後藤は前半10分、味方選手のバックパスが逸れてオウンゴールになりかけたボールを手で弾き出した。清水修平主審は岡山に間接FKを与えた上で後藤に一発レッドカードを提示したが、競技規則によればバックパスをGKが手で処理する行為に対しては「間接フリーキックが与えられるが、懲戒の罰則は与えられない」とされている。

 Jリーグでは本事案について、「勝敗の決定に影響を及ぼす、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことが確認されました」と4日に発表。日本サッカー協会(JFA)を通して国際サッカー評議会(IFAB)にも確認を取った上で、5日に臨時実行委員会および臨時理事会を開催して試合の取り扱いについて協議を行った。その結果、山形対岡山戦は再試合が行われることが決定された。

 IFABに確認を取ったところ、「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」が、本事象は「サッカー競技規則に従っていない」ため、主審の決定が直ちに最終決定にはならないと判断された。競技規則の誤適用を是正するための措置については、JFAおよびJリーグの各種規定に該当する定めがなく、最終的にはJリーグ理事会規定の決裁権限に関する規定に基づいて理事会決議を行うことになった。

 再試合の実施方法および試合開催日時については現時点で未定。理事会で改めて決定を行った上で発表されるとのことだ。

【了】

新着記事

↑top