サッカー日本代表 最新ニュース

遠藤航
【写真:Getty Images】




「ドイツは世界最高のチームのひとつ」と遠藤


 サッカー日本代表は今年開催されるカタールワールドカップ初戦でドイツ代表と対戦することになった。シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ドイツとの対戦について述べたコメントを独紙『ビルト』が伝えている。



【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】

 日本代表にはブンデスリーガでプレー経験のある選手も多く、ドイツ代表にとってもある程度馴染み深い相手との対戦ということになる。その中でも、シュトゥットガルトで主力として活躍しキャプテンも務める遠藤は、特に注目と警戒を集める選手の一人となりそうだ。

 今月1日に抽選会が行われたとき、遠藤は翌日の試合に向けてチームバスで移動中だったという。「ドイツの名前を見た時はすごく興奮しました。バスの中は騒がしくなって、チームメートから『日本は厳しいな』と冗談交じりに言われました」と振り返っている。「ドイツは世界最高のチームのひとつですが、勝つつもりで戦います」と意気込みも示した。

 カタールでも優勝候補の一角となるドイツ代表だが、前回ロシア大会では屈辱のグループステージ敗退に終わった。その最終戦でドイツを破った韓国代表の戦い方には、参考にすべき部分があると遠藤は話している。

「(韓国は)ドイツに対して不利が予想されていましたが、速いカウンターで、いい攻撃を続ける形で勝利しました。僕らも戦えると思います。いいDFや速いアタッカーはたくさんいますので」

 一方で遠藤は、最も警戒する相手としてバイエルン・ミュンヘンのFWトーマス・ミュラーを挙げた。「ドイツで一番印象的な選手はトーマス・ミュラーです。これまで2回対戦しました。ピッチ上で何が起こるのか、常に正確に分かっている選手です」とドイツの誇る強力アタッカーを評している。

【了】

新着記事

↑top