サッカー日本代表 最新ニュース

岡田武史監督率いる日本代表は2008年に発足し、2010年南アフリカワールドカップをもって終焉を迎えた。その間、様々な選手が名将の下でプレー。長友佑都や遠藤保仁らが存在感を放った。一方で、活躍できなかった選手もいる。今回は、岡田ジャパンにおいて輝けなかった5人の選手を紹介する。


MF:中村憲剛

kengo
【写真:Getty Images】

生年月日:1980年10月31日
日本代表成績:70試合6得点
岡田ジャパン成績:34試合4得点


【日本代表はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 川崎フロンターレの歴史に名を残すバンディエラ、中村憲剛はドイツワールドカップ後に発足したオシムジャパンで日本代表デビュー。イビチャ・オシム監督の”考えて走る”チームの中心となっていた。その後、同監督の後任として岡田武史監督が就任。突然の監督交代となったが、同選手はその後もコンスタントに出場機会を得ていた。

 岡田ジャパンで中村はトップ下やボランチ、サイドハーフなど中盤の様々なポジションでプレーした。スタメンに名を連ねることも多かったが、2010年2月に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)・グループリーグ第1節の城南一和戦で下顎を骨折。全治6~8週間と診断され、南アフリカワールドカップ出場が危ぶまれた。

 同年5月頃の復帰が見込まれていたが、中村は予定より1ヵ月早い4月に復帰。本大会直線に行われた親善試合にも招集され、W杯に臨む代表メンバー23人に選出された。何とか代表メンバー23人には入ったものの、同大会でピッチに立ったのは決勝トーナメント1回戦のパラグアイ代表戦のみ。後半終了間際の81分から出場したが、日本代表はPK戦の末に敗戦。ワールドカップイヤーの負傷がなければ、日本代表における立ち位置も変わっていたのだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top