シュミット・ダニエル「明らかに防げる失点だった」。痛恨の判断ミスでゴール献上、どうなるサッカー日本代表の正守護神争い【キリンカップサッカー2022】

2022年06月15日(水)13時36分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

シュミット・ダニエル
【写真:Getty Images】



シュミット・ダニエルが改めて認識した自らの課題とは?

【日本 0-3 チュニジア キリンカップサッカー2022】

 キリンカップサッカー2022の決勝が14日に行われ、サッカー日本代表はチュニジア代表に0-3と大敗した。



【海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 6月シリーズの4試合には、4人のGKが招集されていた。そのうちGK大迫敬介を除く3人が出場機会を得てゴールマウスを守った。

 2日のパラグアイ代表戦ではGKシュミット・ダニエル、6日のブラジル代表戦ではGK権田修一、10日のガーナ代表戦ではGK川島永嗣が先発。最後のチュニジア代表戦は再びシュミットにチャンスが与えられた。

 4人の中で唯一2試合に先発出場したシュミットだったが、チュニジア代表戦は痛恨の3失点。「まず試合に出たのは選手としてはいいことだと思うし、使ってもらえたのはよかったです」というが、「そのチャンスをしっかり生かしきれなかったのは少し悔いが残ります」と結果には満足できなかった。

 森保一監督は「ダン(シュミットの愛称)とディフェンスライン(の関係性)であったり、ダン自身のパフォーマンスを見る。ワールドカップ本大会を見据えた時にどういうプレーができるかを見たい」という理由でシュミットをチュニジア代表戦に起用した。

 カタールワールドカップ出場国との一戦に、アジア最終予選で主軸を担った権田ではなくシュミットを選択したのは「チーム全体として、GK全体を底上げできるように」という思いがあったが、期待通りにはいかず。「連係のミスが出てしまったところは、私自身が反省しなければいけないところ」と、指揮官はシュミットを擁護した。

 森保監督が「連係のミス」と述べたのは、2失点目の場面だ。チュニジア代表のロングボールがゴール前に到達し、対応したDF吉田麻也はシュミットに処理を任せようと体を入れたが、お互いに迷いが生じている間にMFユセフ・ムサクニに入れ替わられ、決定的なラストパスを許してしまった。

 シュミットは「お互いに考えていることが合わなかったのはあった。麻也くんも流したら来てくれていると思ったと言っていたし、自分がそこを想定しておけば、明らかに防げる失点ではあったと。0-1で負けている時に、これから(味方を)勢いに乗せたい時にああいう失点はチームのメンタル的にもきつくなってしまうので、なくしていきたいと思います」と悔いる。

 日本代表においてGKが「裏のスペースを管理するのはGKで、カバーできる範囲はカバーする」のは共通認識。故にシュミットの考えでは吉田との連係ミスではなく、自らの判断ミスだったという。

「あそこはそういう(連係ミスの)議論の対象じゃないエリア。例えば風があっち側に吹いていたので、もうちょっと止まるかなと思ったら伸びてきた。そういういろいろな要因もあってミスジャッジになってしまった」

 シュミットは「個人的な課題」として以前からコミュニケーションの質と量を挙げていた。今回も「まずコミュニケーションをとる。後から見えている方が、どうするべきか伝えてあげるのが、一番プレーがしやすいので。そこをしっかり伝えるところはやり直さないといけない」と、改めて自らの課題を強く認識する結末となった。

 吉田がPKを献上したことで生まれた1失点目も「麻也くんのPKになる前のシーンで、後ろから『来てる』と伝えて滑るのをやめさせる」ことができたと感じている。これもコミュニケーションが必要だった局面だ。

 他にも「2点目も裏のスペースで、ボールがバウンドしたら自分で出る準備はしておくべきだったと思っています。3点目は結構いいシュートでしたけど、コースはそんなによくなかった」と、それぞれの失点に反省点が残った。そのうえで「ああいうのを止めていかないと世界での戦いは厳しいかなと思います」と、自らのセービング力にも課題を感じている。

 今回の合宿中のオンライン取材の中で「ずっとワールドカップに行きたいという気持ちはすごく持っている」と語り、自信とともに「(誰かを)上回るより、特長で違いを出す、自分の色を出すことが大事」と強調していたシュミットだが、チュニジア代表戦では課題の方が目立ってしまった。

「自分が何ができるかは見せられた部分もあったと思うし、逆に自分が学ぶべき部分も見せた形になってしまいました。そこは今後の課題として取り組んでいくべきかなと思います」

 積極的にビルドアップに関与できる足もとの技術の高さは証明したが、一方でシュートストップやディフェンスラインとのコミュニケーション、周りとの連係面に課題があることがハッキリと見えた。アジア最終予選突破に貢献した権田からポジションを奪うには、まだ十分とは言えないだろう。

「(監督が)期待して使ってくれたのに、期待に応えるようなパフォーマンスが最後はできなかったですけど、これをどう捉えるかで変わってくるかなと。自分の成長につなげていきたいと思います」

 ベルギー1部のシント=トロイデンVVで正GKとしてシーズンを戦い抜いた中で「世界で戦うにはベルギーリーグじゃダメだと思っていますし、正直なところ、理想としてはもっとステップアップしていたかったです」とも話していたシュミット。

「日頃からさらに厳しい環境に身を置いてやれれば、ワールドカップ へのイメージをもっと作れたんじゃないかと思っていますけど、今自分が与えられた環境しかないので、そこでどう成長できるかにフォーカスしてやっていくしかないと思っています」

 11月のカタールワールドカップまでに、権田を脅かすような成長を見せられるだろうか。ベルギーリーグでもコミュニケーション面の不足や、シュートストップの課題を解決するために伸ばせるチャンスは豊富にある。本大会まで残り5ヶ月、シュミットが名誉挽回できれば日本代表のチーム力は大きく底上げされるはずだ。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top