Home » サッカー最新ニュース » 小池龍太が自問する「圧倒的な存在になれたか」。サッカー日本代表デビューで“史上初”の快挙、「100%をぶつけた」末に見えたもの【E-1サッカー選手権2022】

小池龍太が自問する「圧倒的な存在になれたか」。サッカー日本代表デビューで“史上初”の快挙、「100%をぶつけた」末に見えたもの【E-1サッカー選手権2022】

2022年07月25日(月)10時00分配信

photo Shinya Tanaka
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:田中伸弥】



小池龍太、ついにサッカー日本代表デビュー

【日本 0-0 中国 E-1サッカー選手権2022】

 EAFF E-1サッカー選手権決勝大会の第2戦が24日に行われ、サッカー日本代表は中国代表と0-0で引き分けた。



【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 6-0で大勝した香港代表戦からスタメンを全員入れ替えた日本代表。先発出場のチャンスを与えられたDF小池龍太がついにA代表デビューを飾った。

「まず日本代表でデビューできたことをすごく嬉しく思いますし、日の丸を背負って初めてプレーしたので、国歌を聞いた時にすごく気持ちが引き締まりました」

 JFAアカデミー福島出身で、JFL、J3、J2、J1と1つずつステップを上がってきた26歳が、日本サッカー界のトップ集団と言える日本代表の一員に。デビュー戦を終えた小池は「これまで培ってきたストーリーがあるので、思い切り表現しようと思った90分でした」と振り返る。

「個人的にはすごくポジティブに90分間戦ったつもりですし、自分の100%をそのままぶつけました。プレー1つひとつの選択やクオリティは上げていかないといけないですけど、その中で後悔はなくて、プレーした内容にも納得しています。でも、もっと成長できると思っています」

 小池は最大出力でチームのために走り抜いたが、同時に「圧倒的な存在になれたか」と自問もしていた。現時点での答えは「そうではないですし、そこは尽きない課題」というもの。

 日本代表というトップクラスの選手が集まる場で「どこまで経ってもこれでいいレベルにはないので、どの選手でも同じようなクオリティを出していかないといけない。個人的に存分にトライできたと思いますけど、その速さとか、質、タイミング、向上させていかないといけない」と痛感するに至った。

 少しでも「圧倒的な存在」に近づくためには、27日に行われる韓国代表戦に出場し、勝ってE-1サッカー選手権のタイトルを獲得することが鍵の1つになるだろう。小池は試合後すぐに次の試合に向けて頭と心を切り替えていた。

「3連勝して優勝することをチームの目標として掲げていました。それが断たれた段階ですけど、チームとしては何も変わることはなく、勝てば優勝と切り替えて全員で向かっていますし、そこへの切り替えはできています。

相手(韓国代表)は引き分けでも……などの気持ちがあるかもしれないですけど、僕らは元から3試合勝つ気持ちでいる。今日は相手を上回ったものの、結果として勝てなかった。そこを改善して、しっかりラストの試合で勝って優勝できるように、全員で戦っていきたいと思います」

 右サイドではウィングのFW宮市亮とも好連携を披露した小池。スコアレスドローでもポジティブな印象を残した反面、自分には一切満足していに。飽くなき向上心が日本代表を高みに導くか。

 新卒でJFLクラブに入団した選手で史上初めての日本代表選手となった26歳のサイドバックが、日本サッカー界に新たな歴史を刻むか。韓国代表戦でのタイトル奪還に期待したい。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top