Jリーグ、夏の戦力アップ度ランキング【セレッソ大阪】なぜ? 実質補強ゼロ。現有戦力で戦える?

2022年08月18日(木)22時00分配信

シリーズ:Jリーグ補強診断
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

セレッソ大阪 最新ニュース

 2022シーズンの第2登録期間は8月12日をもって終了し(J1リーグは9月2日まで追加登録できる)、ラストスパートを図るための戦力を揃えた。上田綺世や小川諒也が海外に活躍の場を求めた一方で、鈴木武蔵や松原后はJリーグに復帰するなど、多くの選手が活躍の場を移している。今回は、J1リーグ各クラブの補強状況を精査し、戦力アップ度をランキング化した。※情報は8月14日時点。補強ポイントと新加入・退団選手を加味してランキング化。新加入選手がいないチーム、監督・スタッフ等の人事は対象外とする。


【写真:Getty Images】



16位:セレッソ大阪

リーグ戦順位:4位
戦力アップ度:E
主な新加入選手:チャウワット



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 序盤こそ勝ち点を落とす試合も多かったが、シーズンが進むとともに成熟度を高めた。7月を無敗で終え、鹿島アントラーズや川崎フロンターレを上回る4位に浮上。YBCルヴァンカップでも4強に入るなど、チーム状況はかなりいい。

 新加入はチャウワットのみで、現有戦力を中心にシーズンを駆け抜けることになる。開幕直前に加わったマテイ・ヨニッチを中心とした堅い守りはチームの武器で、キム・ジンヒョンは相変わらず頼もしい。

 6月に左足リスフラン靱帯を損傷した清武弘嗣の復帰が長引くのは悪いニュースだが、チーム全体でその穴を埋めている。山田寛人、アダム・タガート、加藤陸次樹が夏場に入って調子を上げており、清武不在の6試合すべてでチームは複数得点を奪っている。

 補強による戦力アップは実質ゼロだが、現有戦力でも戦えるという自信と言い換えることもできる。この調子でシーズンを終えることができれば、納得のいく成績を残すことができそうだ。

【了】

新着記事

↑top