イタリアの「ガラスの天才」5人。栄光と苦悩…世界最高級の才能も怪我に泣いた男たち

2022年08月28日(日)7時00分配信

シリーズ:ガラスの天才5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

サッカー選手は常に怪我と隣り合わせだ。1つの怪我でキャリアを棒に振ってしまう選手もいれば、何度も大怪我を負いながらもその逆境を乗り越えて長く活躍する選手もいる。今回は世界最高級の才能がありながらも、怪我に苦しむキャリアを歩んできた”ガラスの天才”5人を紹介する。


まさにガラスの天才

ジュゼッペ・ロッシ
【写真:Getty Images】

FW:ジュゼッペ・ロッシ(元イタリア代表/SPAL)
生年月日:1987年2月1日
イタリア代表:30試合7得点2アシスト


【今シーズンの海外サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 プロキャリアのスタートを切ったマンチェスター・ユナイテッドでは厚い選手層に阻まれ、なかなか出番を得られなかった。それでも、ニューカッスルとパルマへのレンタル移籍を経て2007年に加入したビジャレアルで覚醒。最終的に5シーズン在籍し、公式戦191試合82得点25アシストという申し分ない成績を収めている。当時の輝きは、凄まじいものがあった。

 しかし、ビジャレアルでは存在感が増していくと共に、怪我の頻度も増加していった。2007年には右膝半月板を損傷。2011年には右膝の前十字靭帯を損傷し、そのわずか6ヶ月後にも右膝前十字靭帯の損傷で長期離脱を強いられている。この影響で、ユーロ2012(欧州選手権)という大舞台に立つことが叶わなかった。そして、ビジャレアル退団後も、ジュゼッペ・ロッシの怪我との戦いは続いている。フィオレンティーナ在籍時には内側靭帯の損傷、セルタ時代にはキャリア3度目の前十字靭帯損傷を負ってしまった。

 その後、2018年から2020年までの2年間も所属クラブがない状況を経験したなど、怪我によりキャリアが下降線を辿ってしまったロッシ。2021年1月にレアル・ソルトレイクを退団してフリーとなっていた男は、同年11月にセリエBのSPALと契約したが、昨季限りで再び無所属に。観る者を魅了するレフティーは、輝く場所を見つけることができるのだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top