サッカー日本代表批判への違和感。森保一監督は選手の力を引き出す術を知っている【英国人の視点】

2022年09月26日(月)10時00分配信

シリーズ:英国人の視点
text by ショーン・キャロル
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表の今後10年を担う男とは?



 守備に関しても、日本がフィジカル面で苦戦する様子は全く感じられなかった。マークの緩さから絶好機を許してヘスス・フェレイラのヘディングがクロスバーを越えた前半7分の場面を除けば、酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太で構成された4バックはアメリカの繰り出してくるプレーを抑えるのに十分すぎるほど堅固だった。

 特に冨安健洋は、どこまで上り詰めることができるのか楽しみでならない。現在23歳の彼は、18歳でアビスパ福岡のトップチームに定着してから毎年着実に印象的な活躍を残しており、今もまだ前進を止める様子は見せていない。

 デュエルも、スピード勝負も、ボールを持った時のプレーも同じように自信満々でこなしてしまう。今やアーセナルに所属する男は全てを備えたDFへと進化しつつあり、今後10年は日本代表の守備の中心を担っていくことになりそうだ。

 同じく中山雄太も大きな成長を遂げている。より図太く、より反発力を強め、他人からは教われないような数値化できない部分を伸ばしてきた。このまま今後の2ヶ月間も安定感を維持することができれば、ついに長友佑都を追い越しファーストチョイスの左サイドバックになれるのではないかと感じられるだろう。

1 2 3 4

新着記事

↑top