なぜ前田大然だけ?「3人とも調子良いのに」セルティック同僚、サッカー日本代表落選2人に驚き

2022年11月03日(木)8時31分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:Getty Images】



セルティックの明暗分かれた3選手

 カタールワールドカップに臨む日本代表メンバー26人が1日に発表された。セルティックに所属する前田大然は選出されたが、同クラブの旗手怜央と古橋亨梧は落選している。この結果に、同クラブのマット・オライリーが驚いていると、スコットランド紙『デイリー・レコード』が報じた。



【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】

 前田は今季、公式戦19試合に出場し3得点4アシストを記録している。メンバーの一人としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)に出場し、レアル・マドリードやライプツィヒなどと戦った。同様に旗手は公式戦17試合で2得点2アシスト、古橋は公式戦17試合で9得点1アシストを記録しており、最近の試合でも起用されるなど、調子は落としていない。

 それでもセルティックの中心選手から選ばれたのは、前田だけとなった。これには、オライリーも「亨梧はトレーニングでも元気だったし、怜央も自分らしさを出していた。もちろん、大然のこともみんな喜んでいる。3人とも本当に高いパフォーマンスを見せてくれていたので、大然だけというのは少し驚いた」と語っている。一方で「サッカーはクレイジーなゲームだから、こういうこともある」と述べた。

【了】

新着記事

↑top