「相手が嫌がっていた」伊東純也が語ったサッカー日本代表が逆転勝利できた要因とは?

2022年11月24日(木)10時22分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:Getty Images】



伊東純也が語る逆転できた要因は?

 サッカー日本代表は、現地時間11月23日にFIFAワールドカップ カタール2022・グループE第1節でドイツ代表と対戦。今大会の優勝候補である強豪国相手に2-1の逆転勝利を収めた。



【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


【日本 2-1 ドイツ  FIFAワールドカップ カタール2022・グループE第1節】

 伊東純也はドイツ代表戦を「前半は守備の形が上手くハマらなくて、相手に自由にされる時間が多くて難しい試合になりましたけど、後半からアグレッシブに前からプレッシャーをかけたことで相手が相当嫌がって、そこからチャンスが生まれて逆転できたと思います」と振り返った。

「前半は(日本代表は)4バックでやっていましたが、(相手の)左SBが上がってくるタイプだったので、自分がどうしてもその選手を見ることが多くて前に行く回数が少なかったですけど、後半は5バックになったので自分がどんどん(相手の)CBにプレッシャーをかけることが出来て、それを相手が嫌がって蹴ったことでサイドでハマったりと、ショートカウンターの形が多く出来ていたと思います」とも話している。

 また「応援して下さる方々がいると心強いですし、スタジアムの雰囲気が逆転までもっていってくれたと思います」とサポーターの声援が後押しになっていたと話した。

 自身初のW杯については「難しい試合が続くと思いますし、(ドイツ代表戦は)自分としても良くない点が多かったので、次はもっと良いプレーが出来るように頑張りたいです」と話した。

 そして最後に「まず初戦を取れたことが大きいですけど、まだ決まったわけではないですし、ここからが大事だと思うので。でも今日の勝利は大きいと思います」とコメントを残した。

【了】

新着記事

↑top