田中碧が分析するクロアチア代表。サッカー日本代表は最強MF陣をどう封じるか【カタールW杯】

2022年12月04日(日)10時30分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は現地時間5日、FIFAワールドカップカタール2022・ラウンド16でクロアチア代表と対戦する。ルカ・モドリッチを筆頭に、クロアチア代表の中盤は今大会屈指のクオリティを誇る。そんな強敵に、日本代表はどのように挑むのか。マッチアップが予想される田中碧は対戦相手をどのように分析するのか。(取材・文:元川悦子【カタール】)


クロアチア代表の「武器」


【写真:Getty Images】

 カタールワールドカップ(W杯)もグループリーグが2日までに終了し、3日からラウンド16に突入した。5日のクロアチア代表との大一番を控える日本代表も2日のオフを経て、3日から再始動。冒頭以外、報道陣をシャットアウトしてリカバリーとクロアチア代表対策に時間を割いた。

【カタールW杯を追っかけ再生・広告なしで観られる!
14日間0円のABEMAプレミアムの登録はこちら!】


「(グループステージのクロアチア代表は)0-0が2試合あって、しっかりと堅いとは思いますし、もちろん4点取ってますけど、どちらかというと硬い、3試合で失点1のところの方が印象には残っていますね」と冨安健洋は手堅い守備を1つの特徴に挙げた。

 日本代表にとって脅威なのが、クロアチア代表の中盤だ。アンカーのマルセロ・ブロゾビッチ、インサイドハーフのルカ・モドリッチ、マテオ・コバチッチはいずれも2018年のロシアW杯準優勝を経験している百戦錬磨のタレント。高度な国際経験と安定感は今大会随一と言っても過言ではないだろう。

「クロアチアはすごくテクニカルで個人としてもハードワークしてくる。特に中盤の3人はチームの核。世界的にもビッグクラブでやっていますし、どの選手もすごく動ける。

 スペインだったら(セルヒオ・)ブスケツ(バルセロナ)が真ん中にいて動かないけど、ブロゾビッチは凄く上がってきますし、左右にも動く。フレキシブルかつ広範囲に動ける機動力はどの選手にもある。そこは彼らの大きな武器だと思います」とスペイン代表戦で殊勲の逆転弾を奪った背番号17は警戒心を露にした。

1 2 3 4

新着記事

↑top