ネイマールはガリンシャからペレに。近年最高のブラジル代表、強さの理由とは?【カタールW杯】

2022年12月06日(火)11時56分配信

text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFAワールドカップカタール2022 最新ニュース

FIFAワールドカップカタール2022ラウンド16、ブラジル代表対韓国代表が現地時間5日に行われ、4-1でブラジル代表が勝利した。ネイマールが負傷から戻ってきた攻撃陣は4得点を挙げ、守備の堅さも今大会は際立っている。近年最高ともいえるブラジル代表の強さはどこにあるのだろうか。(文:西部謙司)


ネイマールは「10番」、パケタは「8番」


【写真:Getty Images】

 前半だけで4ゴールのブラジル代表が難なく韓国代表を下した。韓国代表は後半だけでも3つの際どいシュートを放ったのだが、GKアリソンのファインプレーに阻止されている。すべて決まっていれば同点まではいけたわけだが、韓国代表が決めていればブラジル代表はそれ以上に得点してしまいそうな試合ではあった。

【カタールW杯を追っかけ再生・広告なしで観られる!
14日間0円のABEMAプレミアムの登録はこちら!】


 ブラジル代表は左SBのアレックス・サンドロとアレックス・テレスが負傷欠場という緊急事態。右SBのダニーロが左に入り、右はダニーロの欠場中に穴を埋めていたエデル・ミリトンを起用した。ただ、両SB以外はネイマールが復帰してベストメンバーが揃っている。

 7分、13分と2ゴールを連取したブラジル代表は余裕を持ってゲームを進めた。攻守のバランスは古典的といえるほど伝統を踏襲している。ブロックを構えたときの守備は4-4-2、攻撃は4-3-3。ネイマールは背番号どおり「10番」として振る舞う。左のインサイドフォワードだ。守備ブロック形成でカゼミーロとボランチを組むルーカス・パケタは「8番」、攻撃時には主に右側を担当し、前残りしているネイマールより少し遅れて上がっていく。

 両ウイングの突破力も伝統だが、ハフィーニャとヴィニシウス・ジュニオールはブロック形成のときは引いて中盤の4人のラインを担う。ブロック形成ができたら自分の前方の相手にボールが渡ると素早く寄せる。相手のCB以外がボールを持ったときは必ず奪いに行くことが徹底されていた。

1 2 3

新着記事

↑top