Home » 海外サッカー » リーガエスパニョーラ » レアル・マドリード21世紀ワーストイレブン【MF】ジェットコースターのように序列を下げたのは…?

レアル・マドリード最新ニュース

スペインの名門であるレアル・マドリードには、これまで数多くの選手が在籍してきた。クリスティアーノ・ロナウドらその活躍からクラブ史に名を残す選手が生まれた一方で、期待に応えることができなかった選手も数多くいる。今回は、レアルにおいて21世紀以降に活躍できなかった11名の選手をワーストイレブンという形で紹介する(在籍期間、移籍金、通算成績は『transfermarkt』を参照)。


MF紹介


【写真:Getty Images】

DMF:アシエル・イジャラメンディ(元スペイン代表)
生年月日:1990年3月8日
在籍期間:13年7月~15年8月
移籍金:3200万ユーロ(約38億円)
クラブ通算成績:90試合3得点1アシスト


【今シーズンのレアル・マドリードはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 レアル・ソシエダで頭角を現したことで注目を浴び、2013年夏に3200万ユーロ(約38億円)の移籍金でレアル・マドリードに引き抜かれた。しかし、ルカ・モドリッチやシャビ・アロンソ、さらにトニ・クロースといった超実力者の壁をなかなか乗り越えることができず。最終的にマドリーでは公式戦90試合に出場するのだが、そのほとんどが途中からのものと物足りなさを残した。

 選手層の厚さに苦しんだことで、2015年夏には古巣でありブレイクの地でもあるソシエダに復帰。移籍金はマドリー加入時の半額以下となる1500万ユーロ(約18億円)だった。ちなみに、後にマドリーのことを「ソシエダとはまったく別の世界で、世界最高のクラブの一つだ」と評しており、活躍できなかった理由については「自信が持てなかったことだね」と説明している。

CMF:ヌリ・シャヒン(元トルコ代表)
生年月日:1988年9月5日
在籍期間:11年7月~12年8月
移籍金:1000万ユーロ(約12億円)
クラブ通算成績:10試合1得点1アシスト

 ユルゲン・クロップ監督率いるドルトムントでブレイク。2010/11シーズンにはブンデスリーガ優勝に貢献し、ドイツ紙『キッカー』が行った選手投票によってリーグ最優秀選手に選ばれるなど評価を一気に高めた。その活躍が認められ、2011年夏にレアル・マドリードへと移籍。移籍金は1000万ユーロ(約12億円)とされており、6年という長期契約を掴み取ることになった。

 しかし、マドリー移籍は間違いだったと言わざるを得ない。加入後初の練習で負傷してしまった影響で、シーズンのスタートダッシュに失敗。復帰後も出番をなかなか与えてもらえず、ベンチにすら入れないことも珍しくなかった。その後、出場機会を求め2年間のレンタル移籍を経験し、2014年に古巣ドルトムントへ完全復帰。結局マドリー在籍は1年で、公式戦わずか10試合の出場に留まった。

CMF:ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表)
生年月日:1991年7月12日
在籍期間:14年7月~17年7月、19年7月~20年9月
移籍金:7500万ユーロ(約90億円)
クラブ通算成績:125試合37得点42アシスト

 2014年ブラジルワールドカップで大活躍したことで大きな注目を浴び、大会終了後に7500万ユーロ(約90億円)の移籍金でレアル・マドリードの一員に。加入後しばらくはレギュラーとしてプレーし、まずまずの結果を残していた。しかし、在籍3年目に入るとカゼミーロが台頭。それに伴いトニ・クロースが一列前にポジションを移したことで、出場機会が減少してしまった。

 その後、再起を図って2017年からの2年間をバイエルン・ミュンヘンでプレー。2019/20シーズンにマドリー復帰を果たした。しかし、怪我の影響などもあってジネディーヌ・ジダン監督の信頼を掴めず、同シーズンは公式戦14試合の出場に留まってしまった。そして、2020年夏にエバートンへフリーで移籍。脚光を浴びた2014年からの落ち方は、まるでジェットコースターのようだった。

【関連記事】
悪夢…。レアル21世紀ワーストイレブン 全選手紹介
悪夢…。レアル21世紀ワーストイレブン【DF】
悪夢…。レアル21世紀ワーストイレブン【MF】

【了】

新着記事

↑top