鎌田大地の「新たな発見」とは? サッカー日本代表でボランチ起用、フランクフルトとの違いも

2023年03月29日(水)7時15分配信

photo Shinya Tanaka
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

【写真:田中伸弥】



鎌田大地、ボランチ起用で「新たな発見」

 サッカー日本代表は28日、キリンチャレンジカップ2023でコロンビア代表と対戦し、1-2で敗れている。24日のウルグアイ代表戦でトップ下起用された鎌田大地は、コロンビア代表戦ではボランチでプレーしている。「新たな発見があった」と言いつつ、日本代表が抱える課題に言及した。



【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 所属するフランクフルトでもボランチでプレーすることが多いが、3バックで戦うフランクフルトと、4バックの日本代表では勝手が違うという。鎌田は「守備に関しては3バックのときのボランチと4バックのときのボランチでは、少し変わってくる。自分自身は新しいことが今日の試合は多かった」と振り返る。

 さらに、「新たな発見があった」とも言う。「ボールを触りに行きましたけど、深いところに足が入ってくる南米の選手に対して、センターバックがフリーなのにボールを触りに行っても効果的じゃない」と、ボランチの攻撃の関わり方について意見を述べている。

「今はディフェンスラインのずっと低い位置でボールを保持しているので、相手にとってはほとんど怖さがないというのが現状だと思う。前につけられるときは前につけるべき。もう少し敵陣の深い位置でボールを保持できるのが理想だと思う」

 ボールを握って攻撃を組み立てる戦い方には冷静な視点を持っている。もちろんボールを保持することも必要な場面は出てくるが、あくまで優先順位が高いのはゴールを目指すプレー。森保一監督もウルグアイ代表戦後に同様のことを話していた。やろうとしていることに目が行くあまり、本末転倒になってはいけない。日本代表にとっては、課題を感じさせた2試合となった。

(取材:元川悦子、構成:編集部)

【関連記事】
英国人が見たサッカー日本代表対コロンビア戦「久保建英と堂安律は…」「三笘薫は本当に…」 「Jリーグとは違う種族」
サッカー日本代表、逆転負けで低評価…。課題を残したのは?【コロンビア戦どこよりも早い採点】
日本代表、今後の日程は? TV放送・配信予定・スケジュール

【了】

新着記事

↑top