Home » 日本代表 » サッカーU-20日本代表、重要な初陣の出来は?【U-20セネガル戦どこよりも早い採点】

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-20日本代表は現地時間21日、FIFA U-20ワールドカップ・グループリーグC第1節でU-20セネガル代表と対戦し、1-0で勝利。この試合で冨樫ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。U-20セネガル代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。



【写真:Getty Images】

松木玖生の強烈ゴールで大会白星発進

【U-20日本 1-0 U-20セネガル U-20W杯】

【AFC U-17アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

木村凌也 6.0

 とくに後半は決定機を作られたが、相手の枠内シュート自体は少なく、見せ場はなかった

高井幸大 6.0

 エースのサンバ・ディアロの対応でなんとか奮闘。空中戦でも強さを発揮

チェイス・アンリ 6.0

 攻守における判断力には課題も、ボックス内でボールを跳ね返し続けた

田中隼人 6.0

 背後を取られることもあったが、最後のところで体を張り無失点に貢献した

高橋仁胡 6.0

 特徴である攻撃力は発揮できなかったが、守備では最後まで戦った

福井太智 6.5

 松木のゴールをアシスト。中盤でリズム良くボールを散らし続けていた

佐野航大 7.0

 前半はボランチ、後半はサイドハーフでプレー。運動量豊富に走り、良いタイミングでゴール前に顔を出してチャンスにも絡んだ

永長鷹虎 5.5

 相手のタイトな守備を前に持ち味のドリブルを生かせず。不完全燃焼だった

松木玖生 7.5

 強烈な左足のミドルから決勝ゴールをゲット。キャプテンとして頼もしい活躍ぶり

北野颯太 6.0

 前半は存在感皆無も、後半はボールに絡むシーンが増加。前線からのプレスでも貢献した

熊田直紀 6.0

 ゴール前でこそ仕事を果たせなかったが、体格を生かしたポストプレーや空中戦という部分で持ち味をみせていた

山根陸 5.5

 後半から出場もあまりボールに絡めず。ビルドアップを落ち着かせることができなかった

屋敷優成 –

 出場時間短く採点不可

福田師王 –

 出場時間短く採点不可

安部大晴 –

 出場時間短く採点不可

松田隼風 –

 出場時間短く採点不可

冨樫剛一監督 6.0

 アフリカの強豪相手に貴重な勝利。とくに前半の戦いぶりはポジティブだった

【関連記事】
U-20日本代表、コロンビア戦の放送予定・キックオフ時間は?【U-20ワールドカップ2023】
中井卓大だけじゃない! 欧州でプレーする10代日本人サッカー選手10人
【順位表】FIFA U-20ワールドカップアルゼンチン2023<グループステージ組合せ>

【了】

新着記事

↑top