Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 給料高すぎ!? マンチェスター・ユナイテッド年俸ランキング1~10位。貰いすぎているのは?

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

 サッカー選手を評価する指標はさまざま存在しており、そのうちの一つが「年俸」である。今回はマンチェスター・ユナイテッドでプレーする選手の年俸ランキング1~10位を紹介する(年俸はスポーツ選手の契約条件を取り扱う『Capology』、リーグ戦成績は『transfermarkt』を参照。金額が並んだ際の順位はサイトに準拠)。


10位:クリスティアン・エリクセン(デンマーク代表)

マンUのエリクセン
【写真:Getty Images】

生年月日:1992年2月14日
年俸:909万ユーロ(約12億7200万円)
22/23リーグ戦成績:28試合1得点8アシスト


【今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】


 21年6月12日、UEFA ユーロ2020(欧州選手権)のフィンランド戦で試合中に心停止で倒れ、リハビリを経てピッチに戻ってきたのがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンだ。

 13/14シーズンから19/20シーズンまで所属したトッテナムでは、チャンスメイカーとして毎年のように10アシスト以上を記録。31歳となった現在は全盛期と比べると衰えが感じられるが、豊富な運動量や精度の高いスルーパスで攻守に渡ってチームに貢献するMFである。

 心停止から復活したエリクセンであったが、セリエAでは植え込み型除細動器を装着してのプレーが認められないため、当時所属していたインテルを退団。22年冬からはプレミアリーグのブレントフォードでプレーして好調をアピールし、22年夏にはマンチェスター・ユナイテッドにフリー移籍で加入している。

22/23シーズンはチーム最多タイとなる8アシストを記録して同クラブの3位フィニッシュに貢献。909万ユーロ(約12億7200万円)という年俸は、高額年俸を受け取る選手が多い同クラブの中ではコスパ良好と言えるだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top