フットボールチャンネル

海外サッカー 8か月前

世界最高のセンターバックは誰だ? サッカー選手能力値ランキング11~15位【23/24版】

シリーズ:23/24能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー最新ニュース

 世界では、様々な特徴を持つ選手が活躍している。サッカーという競技の特性上、彼らの能力を数値化するのは極めて困難であることを承知の上で、フットボールチャンネルでは近年のスタッツを中心に様々なデータを集計し、5項目の能力に分類して数値化してランキングで紹介する。今回はCB編。


15位:セサル・アスピリクエタ(スペイン代表)

アトレティコ・マドリードに所属するセサル・アスピリクエタ
【写真:Getty Images】

生年月日:1989年8月28日
所属クラブ:アトレティコ・マドリード(スペイン)
22/23リーグ戦成績:25試合0得点0アシスト(チェルシー)


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 セサル・アスピリクエタはセンターバックのみとしての評価は難しい。センターバックのほかに右サイドバック、時には右サイドハーフも担当する柔軟な選手だ。

 身長は178cmとこのポジションの選手としては小柄で、「フィジカル」は「82.6」。センターバックとして強さがあるわけでも、スピードが抜群に速いわけでもない。それでも、「IQ」は「90.7」と非常に高く、どのポジションでも違和感なくこなす賢さがある。突出した能力で目立つタイプではないものの、穴がない頼れる万能プレーヤーだ。

 サッカー選手としての「IQ」が高いだけでなく、実際にもインテリだ。アスピリクエタはこの夏に、ハーバードビジネススクールの学位を取得したことを自身のSNSで明かしており、サッカー以外の面でも努力家である一面を見せてファンを驚かせた。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top