Home » 日本代表 » 最高額は誰だ! サッカー日本代表最新メンバー市場価値ランキング1~10位。久保建英らは何位?

最高額は誰だ! サッカー日本代表最新メンバー市場価値ランキング1~10位。久保建英らは何位?

2023年11月14日(火)6時00分配信

シリーズ:日本代表市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

 ミャンマー代表戦とシリア代表戦に臨むサッカー日本代表のメンバーが8日に発表されている。その中で、いま最も評価されているのは誰なのか。今回は、日本代表最新メンバーの市場価値ランキングを紹介する。(市場価値、成績は『transfermarkt』を参照。金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠、メンバーは8日時点)


10位:南野拓実

サッカー日本代表の南野拓実
【写真:Getty Images】

生年月日:1995年1月16日
所属クラブ:モナコ(フランス)
市場価値:1000万ユーロ(約14億円)
23/24リーグ戦成績:11試合3得点3アシスト
日本代表通算成績:49試合17得点8アシスト


【AFC アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 南野拓実は本来の評価を取り戻しつつある状況だ。最新の市場価値は1000万ユーロ(約14億円)となっている。

 南野はザルツブルク時代に市場価値が1250万ユーロ(約17億5000万円)まで上昇した。リバプールのときも1200万ユーロ(約16億8000万円)の市場価値だったものの、昨年夏に加入したモナコで不振が続き、2022/23シーズンのリーグアンではわずか1得点という結果に終わっている。その影響で今年6月には市場価値が600万ユーロ(約8億4000万円)まで下落。それでも、今季はすでに3得点を決めて持ち直した。

 ただ、まだ安心はできない状況だ。南野の今季のリーグ戦3得点3アシストは、いずれも開幕から4試合での出来事で、第5節以降は得点もアシストも伸びていない。

 今季の南野は、3-4-2-1のシステムの2列目に入ることが多く、本人もシーズン開幕当初、『beINスポーツ』で「最も好きなポジション」と手応えを口にしていた。ただ、南野と相性がよさそうだったアレクサンドル・ゴロヴィンに加えて、21歳のアグネス・アクリウシェが第7節マルセイユ戦の2得点1アシスト以降、存在感を強めていることもあり、南野はベンチスタートも増えている。

 南野は若手の押し上げの中で、さらに自身の価値を高めていけるだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top