Home » サッカー最新ニュース » サッカーU-22日本代表、MVPに選んだのは? 南米強豪を5発撃破【U-22アルゼンチン戦どこよりも速い採点】

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-22日本代表は18日、国際親善試合でU-22アルゼンチン代表と対戦し、5-2で勝利。この試合で大岩ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。フットボールチャンネルでは、U-22アルゼンチン代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。


サッカーU-22日本代表
【写真:Getty Images】

一時逆転されるも鈴木唯人が救世主に

【U-22日本 5-2 U-22アルゼンチン 国際親善試合】

【AFC アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]

藤田和輝 6.0

 2失点はいずれも仕方なし。バックパスの処理などは落ち着いていた

半田陸 7.5

 効果的な攻撃参加で前線をサポート。3アシストと十分な結果を残した

西尾隆矢 5.5

 木村とのラインコントロールに苦戦。ビルドアップもスムーズではなく不安だった

木村誠二 5.5

 相手を潰せずに自由にプレーさせてしまった。西尾との関係性が悪かった

バングーナガンデ佳史扶 5.5

 攻撃面では良さが出たが、守備対応に不安。失点に繋がるFKを献上してしまった

松木玖生 6.5

 鋭い縦パスで佐藤の先制ゴールをアシスト。球際の激しさと強さはさすがだった

藤田譲瑠チマ 7.5

 仕事人。攻守においてプレー範囲が広く、汗をかき続けて中盤の強度を高めた 

鈴木唯人 8.0

 後半だけで2ゴール。一時逆転され苦しんだチームを見事に救い出した

三戸舜介 6.0

 持ち味のドリブルで魅せるプレーも。ただ決定的な仕事は果たせず

佐藤恵允 7.0

 随所でパワーと推進力を発揮し、見事な先制ゴールも。負傷交代は不運だった

小田裕太郎 6.0

 立ち上がりにゴールを脅かした。最後まで運動量豊富に戦った

松村優太 7.0

 左サイドの仕掛けから3点目の起点に。そして素晴らしいミドルシュートで試合を決定づけた

山本理仁 6.0

 ややパスの精度を欠いたが、積極的にボックス内へ入る姿勢はよかった

山田楓喜 5.5

 三戸に比べるとややインパクトを欠いた印象だった

植中朝日 6.0

 最前線でよく体を張った。攻守の切り替えも早かった

福田師王 7.0

 短い出場時間の中で1得点。決定力の高さを見せつけた

畑大雅 –

 出場時間短く採点不可

大岩剛監督 6.5

 苦しい時間帯もあったが5得点で勝利。90分間に渡りハードな姿勢を崩さなかった

【関連記事】
サッカーU-22日本代表 テレビ放送予定・中継配信予定・キックオフ時間・試合日程は?
あと1年! パリ五輪サッカーU-23日本代表メンバーを予想! スタメン&フォーメーションは?

【了】

新着記事

↑top