フットボールチャンネル

「気付かされた」。サッカーU-22日本代表、大量得点で勝利も「まだまだやるべきことある」

text by 編集部

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

大岩剛監督(写真は3月のもの)
【写真:Getty Images】



サッカーU-22日本代表、U-22アルゼンチンに5−2快勝

 サッカーU-22日本代表は18日、親善試合でU-22アルゼンチン代表と対戦し、5−2で勝利した。大岩剛監督は鹿島アントラーズのMF松村優太やボルシア・メンヒェングラートバッハのFW福田師王らを試合途中からピッチに送り、2人がともにゴールを挙げるなど采配が的中した。大岩監督は試合を振り返りながら気を引き締めている。



【AFC アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


「たくさんの静岡のみなさんの前で試合ができて、うれしかった」と切り出した大岩監督。U-22日本代表は18分にMF佐藤恵允が先制点を挙げたものの、相手FWティアゴ・アルマダの活躍もあり1−2とリードを奪われる場面もあった。

 ほぼベストメンバーのアルゼンチンを相手に戦い、最後は突き放したが「(最終的に)スコアは開いたが、我々にまだまだやるべきことがたくさんあると気付かされた試合」と話す。

 来年4月にはパリ五輪最終予選を控える。「しっかり準備してきた(が、これからも)チーム全員で準備していきたい」と意気込んでいる。

 大岩監督にとっては、出身地の静岡(IAIスタジアム日本平)での試合になった。「みなさんに声援をいただいて、こういうゲームになった。(今後も)このチームを応援していただきたい」と呼びかけている。

【関連記事】
サッカーU-22日本代表、MVPに選んだのは? 南米強豪を5発撃破【U-22アルゼンチン戦どこよりも速い採点】
サッカーU-22日本代表 テレビ放送予定・中継配信予定・キックオフ時間・試合日程は?
あと1年! パリ五輪サッカーU-23日本代表メンバーを予想! スタメン&フォーメーションは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top