フットボールチャンネル

日本代表 5か月前

サッカー日本代表、シリア戦全選手パフォーマンス査定。久保建英? 伊東純也? MVPに選ぶのは

シリーズ:日本代表パフォーマンス査定 text by 編集部 photo by Getty Images

ミッドフィルダー


【写真:Getty Images】


久保建英(背番号20)
シリア代表戦:76分OUT
評価:A

 豪快なミドルシュートで試合の均衡を破った。味方選手とのコンビネーションやずば抜けた個の能力を活かしたチャンスメーイクで日本代表の攻撃を牽引。左右のハーフスペースでボールを持ちながら、味方選手の動き出しに合わせて効果的なパスを供給した。中央に久保、右に伊東純也を置いて両者を“共存”させることが最適解であることを森保一監督に改めて示す試合となった。

遠藤航(背番号6)
シリア代表戦:83分OUT
評価:B

 守備では豊富な運動量と素早い寄せで、相手選手を自由にさせなかった。ただ日本代表が押し込む展開が続いたことで、持ち前のボール奪取能力が発揮される場面は少なかった印象だ。攻撃では中盤のコンビを組んだ守田英正とのバランスを考えながらボックス付近まで上がって相手のマークのズレを生み、守備陣を混乱に陥れた。

守田英正(背番号5)
シリア代表戦:フル出場
評価:B

 積極的な攻撃参加をしながら、いつも通りのパフォーマンスで日本代表の中盤に安定感をもたらした。パス成功率は92%を記録(データサイト『Sofa Score』参照)。中央でボールを引き取り、長短織り交ぜた正確なパスを散らして攻撃のリズムを作った。欲を言えば、完全フリーの状況で訪れた68分の決定機は決めきりたかった。

南野拓実(背番号13)
シリア代表戦:66分IN
評価:B

 代表通算50試合目となるこの一戦では、味方選手のゴールラッシュに乗ることは出来なかった。攻撃への貢献は見られなかったが、前線からの積極的な守備は高評価。球際が強く、目立ったパスミスも無かったことから、交代選手としての役割をしっかりと果たしていたと言える。

田中碧(背番号17)
シリア代表戦:83分IN
評価:出場時間短く評価なし

 遠藤航に代わってピッチに立ち、試合を終わらせる役目をしっかりと遂行した。

佐野海舟(背番号7)
シリア代表戦:出場なし
評価:評価なし

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top