フットボールチャンネル

海外サッカー 3か月前

大丈夫!? 欧州で大苦戦中の日本人選手5人。なかなかピッチに立てていない男たち

シリーズ:欧州で大苦戦中の日本人 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

 欧州の2023/24シーズンでは、久保建英や三笘薫らが好スタートを切った一方で、スタートダッシュに失敗してしまった選手も数多くいる。今回は、シーズン序盤で出場機会の確保に苦しんでいる主な欧州日本人選手を5人紹介する。※成績は23日時点の『transfermarkt』を参照。


MF:原口元気(はらぐち・げんき)

シュトゥットガルトの原口元気
【写真:Getty Images】

生年月日:1991年5月9日(32歳)
所属クラブ:シュトゥットガルト(ドイツ)
23/24リーグ戦成績:1試合0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]

 ドイツでのキャリアが長い原口元気は、環境を変えなければいけないかもしれない。それほどシュトゥットガルトでの現状は厳しいものだ。

 2014年からドイツでプレーしている原口は、今年1月にウニオン・ベルリンからシュトゥットガルトに移籍。残留を争うチームですぐに定位置を確保した。だが、チームの調子は上がらず、4月にブルーノ・ラッバディア監督が解任されると、後任のセバスティアン・ヘーネス監督は原口をレギュラーから外した。

 ヘーネス監督はシュトゥットガルトを降格の危機から救い、2023/24シーズンも続投となった。すると原口の序列は変わらず、リーグ戦では第2節ライプツィヒ戦で20分間プレーしただけ。シュトゥットガルトは現在ブンデスリーガで3位と好調で、何かを変える必要はなく、序列を上げたい原口にとっては難しい状況だ。

 ドイツメディア『シュポルト・ビルト』は先月、「ヘーネスのもとで原口に未来はない」と記し、1月の移籍市場でシュトゥットガルトを離れる可能性があると伝えていた。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top