Home » 海外サッカー » 無駄遣い…。レアル・マドリード「給料が高すぎる」5人。功労者に復帰組、移籍が噂される選手も

レアル・マドリード最新ニュース

 最高峰の舞台で戦うサッカー選手は高額な年俸を受け取っているが、必ずしも額面通りの働きをピッチ上で見せているとは限らない。今回はレアル・マドリードの選手で、現在のサラリーに見合わない選手をピックアップして紹介する。(年俸は『capology』、リーグ戦成績は『transfermarkt』を参照)


DF:ルーカス・バスケス

レアル・マドリードのルーカス・バスケス
【写真:Getty Images】

年俸:938万ユーロ(約13億1320万円)
今季リーグ戦成績:10試合0得点1アシスト


【今シーズンのレアル・マドリードはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】[PR]


 レアル・マドリードの下部組織で育ったルーカス・バスケスは、エスパニョールへのレンタルを経て2015年に復帰すると、常にチームのために貢献し続けた。だが、最近はその存在感が薄れている。

 もともとFWだったバスケスは、レアルというスター軍団の中で突出した武器はない。それでも、複数ポジションを器用にこなす万能さや豊富な運動量を買われて、便利屋として貴重な選手になった。近年は右サイドバックが定位置となっており、昨季はリーグ戦23試合に出場。4得点2アシストを記録している。

 しかし、今季はダニエル・カルバハルが安定感のあるプレーを続けており、バスケスはリーグ戦10試合に出場しているものの、出場時間はわずか168分間。完全に控えという立ち位置になった。

 レアルで公式戦324試合に出場してきたバスケスは、間違いなくクラブの功労者だが、32歳という年齢も気になるところ。スペインメディアの『エル・ナシオナル』は「2人の右サイドバックがともに30代。カルロ・アンチェロッティ監督はバスケスを信頼しておらず、カルバハルと先発を争える若いサイドバックの獲得を望んでいる」と伝えていた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top