フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

誰がいい?パリ五輪サッカーU-23日本代表に推薦したいOA選手6人。救世主になり得る“先輩”たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカーU-23日本代表は、U-23アジアカップで優勝してパリ五輪出場権を手にしたが、その道のりは簡単ではなかった。本大会で結果を残すために、どんな戦力が必要なのか。3つのオーバーエイジ枠を使って呼びたい選手をピックアップして紹介する。※データは5月4日時点の『transfermarkt』を参照。


MF:旗手怜央

セルティックの旗手怜央
【写真:Getty Images】

生年月日:1997年11月21日(26歳)
所属クラブ:セルティック(スコットランド)
2023/24リーグ戦成績:11試合3得点2アシスト

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 スコットランドのセルティックでプレーする旗手怜央は、2021年の東京五輪に出場した。このときは左サイドでの出場がメインだったが、パリ五輪のU-23日本代表に加われば、選手層の面で大きな底上げが期待できる。

 セルティックでインサイドハーフに入っている旗手は、正確な技術があり、豊富な運動量で自らゴールを狙って飛び出すこともできる。さらに魅力なのは、FWからDFまであらゆるポジションをこなせるポリバレントなところだろう。現実的には、インサイドハーフのほかに、U-23日本代表のシステムでは、ウイングやサイドバックが選択肢になりそうだが、それでも十分に多い。五輪の登録人数が18人と少ないことを考えると、1人で複数ポジションをこなせることは大きな価値を生むはずだ。

 旗手は今季、度重なるケガで公式戦の出場が多くなかったが、すでに回復している。むしろ、シーズン中の疲れがないという見方ができるかもしれない。複数ポジションを高いレベルでこなせる旗手は、多くの監督にとってチームに1人は欲しい人材ではないだろうか。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top