フットボールチャンネル

パリ五輪はOA枠無しの可能性もある。「人数が少ないかも」サッカーU-23日本代表の複雑な事情とスケジュール

text by 加藤健一

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表の大岩剛監督
【写真:加藤健一】



パリ五輪出場権を獲得したサッカーU-23日本代表

 AFC U-23アジアカップ2024カタールを制したU-23日本代表の国内組とスタッフが4日に帰国した。羽田空港で取材に応じた大岩剛監督と山本昌邦ナショナルチームダイレクターは、今後のスケジュールとパリ五輪本大会でのオーバーエイジ(OA)枠の活用について言及している。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 パリ五輪に出場できるアジア枠は3.5で、パリ五輪予選を兼ねた今回のアジアカップでは上位3チームに出場権が与えられ、4位はアフリカ勢(U-23ギニア代表)とのプレーオフに進むというレギュレーションだった。準決勝でU-23イラク代表を下してパリ五輪出場を決めたU-23日本代表は、決勝でU-23ウズベキスタン代表を下して通算2度目の優勝という快挙を成し遂げている。

 大会制覇の喜びも束の間で、チームはパリ五輪に向けた準備を進める。次の活動は6月のインターナショナルマッチウィークに組まれる強化試合だが、山本ダイレクターは「我々が勝てる(パリ五輪出場権を得られる)か分からない中で準備を進めてきた」という状態。「一番大事なのは本番にどれだけいい戦力で、いい状態の選手を整えられるか」と本大会に向けてできる限りの手を尽くす。

 五輪の成績を左右するのは最大3枠を活用できるOA枠。「使うと言えば、必ず使わなきゃいけないことになると思うけど、ルールとして(OA枠を使用するのは)オッケーなので」と大岩監督は明言を避けている。

 ただ、「こちらの希望が叶うこととは全く別」とも述べている。そこには複雑な状況があるのもまた事実である。

1 2

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!