フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

ガンバ大阪史上最高! “化け物”となった下部組織出身選手6人。日本を代表する優れた才能たち

シリーズ:“化け物”となった下部組織出身選手 text by 編集部 photo by Getty Images

DF:宮本恒靖(みやもと・つねやす)

ガンバ大阪所属のDF宮本恒靖
【写真:Getty Images】

生年月日:1977年2月7日
在籍期間:1995年7月~2007年1月
クラブ通算成績:341試合9ゴール1アシスト

 中学生の頃からナショナルトレセンに選出されていた宮本恒靖は、高校進学時にガンバ大阪ユースへと加入した。なお、G大阪のアカデミーが発足したのがまさにこのときであり、宮本はユース在籍中の3年間に渡りキャプテンを務めていた。1995年、宮本はクラブ史上初となるユースからのトップチーム昇格を果たし、プロとして生き残る道を模索していくこととなる。

 昇格当初はボランチを務めることもあったが、プロ3年目となる1997年からCBのレギュラーに定着し始め、2000年からはチームキャプテンに就任。176cmとCBとしては身長に不安が残る中で、読みの鋭さと状況判断能力の高さでピンチを未然に回避し、ディフェンスラインをまとめ続けた。また、優れたリーダーシップでチームの屋台骨を支え続け、2005年にはJ1優勝を達成した。

 その後、ザルツブルクへの海外挑戦を経てヴィッセル神戸で現役生活を終えた宮本は、指導者として古巣に戻ってきた。2015年にアカデミーコーチを務め、2017年にはU-23チームの監督としてJ3を戦った。2018シーズンからトップチームの監督に就任し、2020シーズンにはJ1リーグ2位、天皇杯準優勝と一定の成績を残し、監督としてもチームに貢献している。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!