フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

今こそ呼ぶべき!? サッカー日本代表に推薦したいJリーガー6人。国内で結果を残す男たち

シリーズ:日本代表に推薦したいJリーガー text by 編集部 photo by Getty Images

MF:秋山裕紀(あきやま・ひろき)

アルビレックス新潟の秋山裕紀
【写真:Getty Images】


生年月日:2000年12月9日(23歳)
所属クラブ:アルビレックス新潟
2024リーグ戦成績:15試合1得点1アシスト

 近年めざましい成長を見せているアルビレックス新潟の秋山裕紀は、2024シーズンになって、さらにチームで欠かせない選手となっている。

 2019年に新潟でプロキャリアを始めた秋山は、アスルクラロ沼津と鹿児島ユナイテッドFCへの期限付き移籍を経験し、2022シーズンに新潟で定位置をつかんだ。

 最大の武器は、なんといってもパスの能力の高さだ。ボールを受ける動きの質、ファーストタッチの正確さ、キック精度の高さといったパサーに必要な要素を併せ持っており、新潟の攻撃のタクトをふるっている。

 昨年、スイスを拠点とするサッカー調査機関のCIESが、世界のベストパサーランキングトップ100を発表し、秋山が日本人トップの58位に入ったことも話題になった。

 実際、秋山は今季リーグ戦の1試合平均パス数がリーグトップの94.5本となっている。現在の日本代表のMFとは異なる武器を持った選手なだけに、森保ジャパンで試してみるのも面白そうだ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!