フットボールチャンネル

【結果速報】U-23サッカー日本代表、パリ五輪メンバー発表前最後の試合でU-23アメリカ代表に快勝【国際親善試合】

text by 編集部 photo by Getty Images
パリオリンピック特集ページ

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表
【写真:Getty Images】



藤尾翔太と細谷真大がゴール

【U-23日本 2-0 U-23アメリカ 国際親善試合】

 サッカーU-23日本代表は日本時間12日、U-23アメリカ代表と国際親善試合で対戦した。試合は2−0でU-23日本代表が勝利した。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 パリ五輪メンバー発表前最後の試合で、U-23日本代表は、藤田譲瑠チマや荒木遼太郎、齊藤光毅などがスタメンに名を連ねた。

 立ち上がりから主導権を握ったU-23日本代表は、5分に決定機を得る。左サイドから齊藤がクロスを狙うと、相手DFの手に当たってPKに。これを藤尾翔太が決めて、幸先良くリードを奪う。

 その後、U-23日本代表は山本理仁が頭部で相手のシュートをブロックして倒れ、川崎颯太が急きょ出場するアクシデントがあったが、試合の主導権は譲らなかった。前半終了間際にはU-23アメリカ代表に決定機を与えてしまうが、GK小久保玲央ブライアンがペナルティーエリア外に飛び出しる見事な対応で阻止し、1点リードで折り返す。

 U-23日本代表は、後半のスタートから藤尾と齊藤が下がって細谷真大と平河悠が投入された。ただ、U-23アメリカ代表が後半ペースアップした印象で、U-23日本代表は前半ほど押し込めない展開となる。

 その中でも69分にU-23日本代表が追加点を奪った。敵陣で相手から川崎がボールを奪うと、三戸舜介がドリブルでペナルティーエリア右まで運んで中へ。相手DFとGKに当たってこぼれたボールを細谷が押し込んで2−0とした。

 終盤はアグレッシブに仕掛けてくるU-23アメリカ代表に苦しめられるシーンもあったが、U-23日本代表は要所を締めてゴールを許さず。2−0で勝利を収めた。

【得点者】
6分 1-0 藤尾翔太(U-23日本)
69分 2-0 細谷真大(U-23日本)

【関連記事】
【結果速報】サッカーU-23日本代表 対 U-23アメリカ代表 スタメン・試合経過・得点情報
英国人が見たU-23日本代表「荒木遼太郎や山田楓喜は…」「小久保玲央ブライアンは常に…」
パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手6人

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!