フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

忘れてはいけない…。サッカーU-23日本代表、パリ五輪招集外の功労者6人。4年間を支えた男たち【パリ五輪】

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

DF:内野貴史(うちの・たかし)

U-23日本代表の内野貴史

【写真:2024 Asian Football Confederation (AFC)】


生年月日:2001年3月7日
所属クラブ:デュッセルドルフ(ドイツ)
23/24リーグ戦成績:22試合1得点0アシスト

 パリ五輪出場を決めたAFC U23アジアカップ2024で副主将を務めた内野貴史も、パリ五輪行きをあと一歩のところで逃すことになった。

 大岩ジャパンの常連組だった内野は、これまで抜群のキャプテンシーでチームをけん引し続けてきた。直近のアメリカ遠征にも参加していただけに、内野の落選について驚きをもって受け止めたファンも多いかもしれない。

 最終メンバー発表会見に臨んだ大岩剛監督は「招集できる最高の18人+4人のバックアップメンバーを選んだつもりでいます」とコメントした。たしかに、パリに行けるのが18人と少人数であることを踏まえ、複数ポジションをそつなくこなす内野が重宝されるだろうという見方があったのは事実だ。だが、大岩監督が「そのときに集まれた選手たちがそのときのU-23日本代表だと発足当初から言い続けてきました」と強調したように、最新バージョンのU-23日本代表ではDF関根大輝(柏レイソル)やDF大畑歩夢(浦和レッズ)のような強い個性を放つ選手の需要が高かったということだろう。

 ただ、内野が大岩ジャパンで示してきた価値に疑いの余地はない。いつの日か、パリ五輪でプレーした選手たちと共にA代表でプレーする内野の姿が見られることを期待しよう。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!