シリア

シリア代表

テロ一掃し国民を一つに。“平和の象徴”としてのシリア代表。思想違えど同じ旗のためプレーする心は同じ

去る3月29日に日本代表と対戦したシリア代表。国内情勢が混乱を極めるなか来日した彼らは大きなものを背負っている。サッカーが母国でできることは、“普通の生活”を送ることを意味する。選手・監督の証言を振り返るとともに、駐日シリア大使代理にも話を聞き、シリアが置かれている状況から、代表チームが持つ力に迫る。(取材・文:舩木渉)

シリア代表のファン

シリア代表が戦う意義。日本とは異なる“背負うもの”。明日なき人々の希望に

今日29日、日本代表と対戦するシリア代表。国内が混乱するなか、わずか17名で来日した彼らは何を背負うのか。日本とは異なる、シリア代表が戦う意義とは。(取材・文:植田路生)

新着記事

↑top