ダビンソン・サンチェス

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、モウリーニョが見せた2つの狙い。一方で繰り返される同じ過ち…明らかになった課題とは?

プレミアリーグ第14節、トッテナム対ボーンマスの一戦が現地11月30日に行われて、3-2でホームチームが勝利をした。モウリーニョ体制後、3試合で10得点と前線が大爆発中だが、失点数が6と多いのも事実。この試合も3点を奪っておきながら2点を返されてしまい、初陣となったウエストハム戦同様の展開となった。新生トッテナムの課題が浮き彫りになった。(文:松井悠眞)

コロンビア代表

コロンビア代表、注目選手を一挙紹介。ハメス筆頭に実力者揃い、日本の前に立ちはだかる猛者たち【編集部フォーカス】

日本代表は22日、キリンチャンレンジカップ2019でコロンビア代表と対戦する。カルロス・ケイロス新監督率いる南米の雄はハメス・ロドリゲスを筆頭に、数多くの実力者を招集。日本代表にとって厳しい相手になることは間違いない。今回、フットボールチャンネル編集部では、日本代表の対戦相手であるコロンビア代表の注目選手をポジションごとに複数名紹介する。

ダビンソン・サンチェス

63億円も安い。最高の大器、ダビンソン・サンチェス。日本に立ちはだかる22歳のプレミア級CB【W杯 日本を襲う猛獣たち】

1ヶ月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物たちだ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のDFダビンソン・サンチェスを取り上げる。(取材・文:山中忍【イングランド】)

トッテナムのDFダビンソン・サンチェス

バルサのオファー蹴った21歳CB。ダビンソン・サンチェスが秘める無限大の可能性【西部の目】

2018年ロシアW杯で日本代表と同グループに入ったコロンビア代表。ハメス・ロドリゲス、ラダメル・ファルカオらを擁す南米の強豪だが、守備陣にも注目の選手がいる。17/18シーズンからトッテナム・ホットスパーでプレーしているダビンソン・サンチェスだ。現在21歳のDFが世界最高のセンターバックと称される日も遠くないかもしれない。(文:西部謙司)

トッテナム

トッテナム、駆け込み補強で帳尻合わせ。選手層に不安…現状維持で過密日程に耐えられるか【欧州主要クラブ補強診断】

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はトッテナムの補強を読み解く。

新着記事

↑top