チョン・ソンリョン

0423kawasaki_gettyのコピー

川崎フロンターレ、歴代最強外国籍選手5人。J1の強豪へ押し上げた川崎の太陽、連覇を支えた助っ人たち

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、川崎フロンターレで活躍した外国籍選手を5人紹介する。

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(後編/2019年版)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、各能力部門の中で最も優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。今回は後編。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

林彰洋

FC東京の最強GK林彰洋は、いかにして新境地にたどり着いたのか?「“日本流”にシフトしただけ」【インタビュー前編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は前編。(文:後藤勝)

チョン・ソンリョン

川崎Fの守護神チョン・ソンリョンの凄み。妥協なき「準備」、異国で100試合出場達成の要因

現在Jリーグ連覇中の川崎フロンターレを最後尾から支えるのは、GKチョン・ソンリョンだ。34歳のベテランだがゴールを守る技術に一切の衰えはなく、来日4年目でJ1通算100試合も達成した。外国人GKが増えつつある中、トップレベルで継続的に力を発揮できる要因に迫った。(取材・文:舩木渉)

J1ベストプレーヤー

J1、ポジション別ベストプレーヤー5選(GK編)。Fチャン編集部選定、今季の主役となった男たち【編集部フォーカス】

2018シーズンのJ1リーグが川崎フロンターレの優勝で幕を閉じた。最後の最後まで激闘が繰り広げられた今季だが、1年通してハイパフォーマンスを披露した選手は誰なのだろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では、2018シーズンJ1リーグのポジション別ベストプレーヤーを5人紹介。一体どの選手が名を連ねたのか。

20160208_focus_eyecatch

J1新加入期待の11人。CL出場DF、現役日本代表など新天地での飛躍を狙う選手たち

Jリーグでは、今シーズンも多くの選手が新天地を活躍の舞台に選んだ。その中には現役日本代表選手もいれば、15-16シーズンのチャンピオンズリーグに出場していた選手もいる。今回は、新しいクラブでの活躍が期待される11人の選手を紹介する。

エドゥアルド・ネット、チョン・ソンリョン、奈良竜樹

川崎、風間体制5年目。失意の2015年を乗り越え“勝利しか許されない1年”に挑む【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、年間6位の川崎フロンターレを占う。

新着記事

↑top