ファン・マヌエル・リージョ

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸、5年間の歴代フォーメーション。イニエスタですら古株に…“バルサ化”進めチームは激変

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっていることがわかる。今回、フットボールチャンネルでは、ヴィッセル神戸の過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

042703

ヴィッセル神戸の「バルサ化」、つぎ込むべきは金よりも時間。ピッチ外の「ズレ」が障壁に【英国人の視点】

アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャらを獲得し、“バルセロナ化”を進めるヴィッセル神戸は、今季ここまで11位と苦戦。明治安田生命J1リーグ第8節浦和レッズ戦後には、フアン・マヌエル・リージョ監督の退任が発表された。巨額の投資をしてもなお、神戸の改革が進まない理由を探る。(取材・文:ショーン・キャロル)

ダビド・ビジャ アンドレス・イニエスタ

イニエスタとメッシ、“偽9番”の決定的な違い。豪華「VIP」擁する神戸が進むべき道とは?

今年のJ1第1節で最も大きな注目を集めたと言っても過言ではないのは、ヴィッセル神戸だ。アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキに加え、元スペイン代表のダビド・ビジャも補強。日本代表クラスの新戦力も複数加え、どんなチームが出来上がるのか。開幕戦の戦いぶりからJ屈指のスター軍団の現状を読み解く。(取材・文:舩木渉)

ヴィッセル神戸

神戸、またも驚愕補強。ビジャ獲得でイニエスタも輝くか。戦力大幅アップで目標は?【2019年Jリーグ補強診断】

2019年のJ1リーグがまもなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、イニエスタ、ビジャらを揃えるヴィッセル神戸を取り上げる。

181106_icatch_getty

神戸はバルサ化できるか――その問い自体が間違い。まず持つべき「我々の生き方」という信念【西部の目】

ヴィッセル神戸はバルセロナになれるのか。アンドレス・イニエスタを獲得し、“奇才”ファン・マヌエル・リージョ監督も招聘した。異次元を知る彼らを呼び寄せたところに神戸の本気度が感じられるが、『バルサ化』は簡単に実現できるものではない。模倣するだけでは、本物にはなれない。(文:西部謙司)

ヴィッセル神戸

神戸から香るリージョ・イズム。暫定体制で披露した「頭が疲れる」新戦術のエッセンス

ファン・マヌエル・リージョ新監督の就任が決まったヴィッセル神戸だが、ビザ取得が間に合っていないため、23日のJ1第27節・浦和レッズ戦は暫定体制で臨んだ。結果は0-4での大敗。それでも「変わろう」ともがくチームからは、早くも新監督のコンセプトに繋がるものが見えてきた。(取材・文:舩木渉)

ACミラン、セードルフ監督は37歳。最年少は誰? 4大リーグの青年監督たち

ACミラン、セードルフ監督は37歳。最年少は誰? 4大リーグの青年監督たち

セリエA第21節、ACミランがMF本田圭佑による決勝アシストによってカリアリを下した試合は、日本のニュースを席巻した。視点をベンチに向けてみると、両クラブともに30代の監督が指揮を執る「青年監督対決」だったことが分かった。

新着記事

↑top