レイトン・ベインズ

20210315_pk_getty

歴代PK得点王は誰だ? プレミアリーグPK成功数ランキング11~15位。PKだけで二桁得点を達成したのは?

試合の勝敗に大きな影響を与えるPKが最もうまい選手は誰なのか。プレミアリーグが開幕した1992/93シーズンから現在までのPKの結果を集計。PK成功数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照。2021年3月14日時点。成功数が並んだ場合は成功率で順位を決定

ヘンダーソン、ピケ、セルヒオ・ラモス

一筋じゃなくても…。クラブの“象徴”となった10人。人々から愛されるバンディエラたち【編集部フォーカス】

クラブに長期間在籍し、クラブの“象徴”となっているバンディエラたち。下部組織からクラブ一筋で、トップチームに昇格してそのクラブでプレーを続ける選手もいれば、育ったクラブを離れて移籍先でバンディエラとして愛された選手も多く存在する。今回は、実はクラブ一筋ではない意外な経歴を持ちながら、現所属クラブでバンディエラとして多くの人々から愛されている10人の選手を紹介する。

20141007_baines_getty

成功率で見る、プレミア最高のPKキッカーは?

5日のプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド戦でエヴァートンDFレイトン・ベインズが、相手GKデ・ヘアにセーブされる形でPKを失敗した。

20140516_hos

指揮官の選択は経験値より“若き獅子たち”。イングランド代表が若手中心となった理由

12日に発表されたブラジルW杯を戦うイングランド代表。約半数が20代前半という若い布陣となったが、ベテラン勢以上にクラブで好パフォーマンスを見せている現状では妥当な結果だ。

新着記事

↑top