レナト

0423kawasaki_gettyのコピー

川崎フロンターレ、歴代最強外国籍選手5人。J1の強豪へ押し上げた川崎の太陽、連覇を支えた助っ人たち

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、川崎フロンターレで活躍した外国籍選手を5人紹介する。

2015年7月に川崎フロンターレから広州富力に電撃移籍したレナト

エージェントが語る川崎Fのレナト放出。Jクラブは“爆買い”中国とどう対峙すべきか?【職業:サッカー代理人】

FIFAの公認代理人制度廃止により、混沌としている選手エージェント業界。新たな「仲介人制度」のもとでは、どのような変化があるのだろうか。実際の現場に従事する選手エージェントに話を聞き、その重要性を再考する。今回は、川崎フロンターレから広州富力へ移籍したレナトのケースから、中国クラブの“爆買い”について考える。(取材・文:小澤一郎)

川崎F、レナト電撃移籍の穴埋めできず今季も無冠。守備はいまだ課題山積【2015年通信簿】

川崎F、レナト電撃移籍の穴埋めできず今季も無冠。守備はいまだ課題山積【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間6位の川崎フロンターレを振り返る。

IMG_6061

【イタリア人の視点】レナトの移籍はJリーグの崩壊を意味するのか? 金満国に負けないために必要なこと

川崎フロンターレは、レナトが中国の広州富力へ移籍することを発表した。現在のJリーグで最も優れたパフォーマンスを見せていた外国人選手でもあるだけに、損失は大きい。Jリーグはここから学び、改革を遂げることができるだろうか。

20150718_renato_getty

【番記者の視点】わずか50時間決着、レナト電撃移籍の真相。川崎は攻撃陣の穴をどう埋めるのか?

川崎フロンターレのレナトが中国・広州富力へ移籍した。あまりに唐突な移籍劇だったが、その背景には何があるのか? そして川崎は攻撃陣の大きな穴をどう埋めるのか? 移籍をスクープした記者が迫る。

これが産みの苦しみ、今季も優勝に届かず。それでも川崎Fが攻撃サッカーを貫くべき理由

川崎フロンターレ、2015補強診断。前線は破壊力抜群。攻守のバランスを見出せるか

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は風間体制4年目で初タイトルを目指す川崎フロンターレを取り上げる。

レナト 左サイドの閃光―静かなる超人の原点と秘めた思い―

レナト 左サイドの閃光―静かなる超人の原点と秘めた思い―

「Jリーグ最強の外国籍選手」と恐れられた2013シーズン。一瞬で相手を置き去りにするドリブルと強烈な左足は大きなインパクトを残した。左サイドを蹂躙する超人は今季、どんな進化を遂げるのか。ブラジル時代の原点と今季にかける想いを聞いた。

20140824_marinos

またもJで人種差別。横浜FMサポーターが川崎Fをバナナで挑発。浦和“無観客試合”の犠牲は無意味だったのか

Jリーグでまたも人種差別が行われた。横浜F・マリノスのサポーターが川崎フロンターレのレナトに対してバナナを差し出すなどの行為をしたという。浦和レッズのサポーターによる「JAPANESE ONLY」問題での無観客試合という犠牲は、この少年の目には届かなかったのだろうか?

川崎フロンターレ、2014補強診断。成熟した風間スタイル、タイトルも狙える陣容に

川崎フロンターレ、2014補強診断。成熟した風間スタイル、タイトルも狙える陣容に

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。風間監督のスタイルが浸透し、タイトル奪取を目指す川崎フロンターレを占う。

新着記事

↑top