山田暢久

J1通算500試合を達成した5人のレジェンドたち

ガンバ大阪のMF遠藤保仁(35)と横浜F・マリノスのDF中澤佑二(37)が17日、明治安田生命J1リーグで通算500試合出場を達成した。これでJ1通算500試合出場を達成したのは5選手となった。

遠藤と中澤がJ1通算450試合達成。500試合達成を目前にしているJ2リーガーも

J1リーグ再開となった第15節で二人のベテランが偉大な記録を達成した。ガンバ大阪の遠藤保仁と横浜F・マリノスの中澤佑二の二人が、J1通算450試合出場を同時に達成したのである。

背番号6は山田から山田へ。浦和一筋20年、山田暢久が現役引退。直輝が背番号受け継ぐ

J1浦和レッズは24日、昨シーズン限りでクラブを退団していたMF山田暢久が現役を引退することを発表した。1月29日に記者会見が開かれる予定。

浦和一筋20年。山田暢久が500試合出場達成

Jリーグ第30節浦和レッズ対柏レイソル戦。浦和の山田暢久がJ1通算500試合出場を達成した。

新着記事

↑top