U-21

U-21日本代表

森保J、日韓決戦へ。「サッカー人生」をかけて…試される覚悟、全てをぶつけて勝ち取る金メダル

U-21日本代表は1日、アジア競技大会の決勝でU-23韓国代表と対戦する。ただの決勝ではなく、日韓のプライドをかけた戦い。そして、両国の選手にとってサッカー人生をかけた戦いでもある。韓国はソン・フンミンら強力な攻撃陣を揃えるが、果たして日本に勝機はあるのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

U-21日本代表

韓国撃破でアジア制覇へ。U-21日本代表に漂う最高のムード、極上の一体感で日韓戦決勝に挑む

U-21日本代表は29日、アジア競技大会の準決勝でU-23UAE代表に1-0で勝利を収めた。韓国が待つ決勝へ駒を進めた森保一監督率いるチームには、選手たちも実感する極上の一体感がある。その中心にいる初瀬亮が、団結力の秘訣を明かした。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

U-21日本代表

U-21日本代表、アジア大会決勝進出! UAEとの消耗戦を制し銀メダル以上確定【どこよりも早い採点】

8月29日、インドネシアで開催されているアジア競技大会の準決勝で、U-21日本代表がU-23UAE代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

森保一

「五輪代表=A代表」を実現するために。若き森保ジャパン、メダルかけてアジア大会準決勝へ

森保一監督率いるU-21日本代表は29日、アジア競技大会の準決勝でUAEと対戦する。メダル獲得をかけた重要な一戦は、準々決勝から中1日という超過密日程。両チームにとって厳しい状況に疑いはないが、そこで指揮官が求めるのは、より高い場所を意識した成長である。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

U-21日本代表

U-21日本代表、岩崎悠人の2発でサウジ撃破! アジア大会メダル獲得まであと一歩【どこよりも早い採点】

8月27日、インドネシアで開催されているアジア競技大会の準々決勝で、U-21日本代表がU-21サウジアラビア代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ハールーン・カマラ

年齢・国籍にも疑惑…!? U-21日本代表、アジア大会4強へ。謎だらけのサウジ9番を抑え込め

U-21日本代表は27日、アジア競技大会の準々決勝でU-21サウジアラビア代表と対戦する。2年前のAFC U-19選手権決勝で苦しめられた相手に、どう戦うべきか。日本を強く意識し、東京五輪を見据えて同世代のチームを連れてきたサウジアラビアの士気の高さは驚異的だ。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

上田綺世

森保Jを救った大学生FW上田綺世。非凡なストライカーの才能、半端ないゴールへの執着と反骨心

森保一監督率いるU-21日本代表は24日、アジア競技大会の決勝トーナメント1回戦でU-23マレーシア代表に1-0で勝利した。劣勢だった日本を救ったのは、法政大学所属のFW上田綺世。ストライカーになるために生まれてきた青年は、異常なまでに強いゴールへのこだわりを持っている。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

U-21日本代表

不安だらけな日本代表の将来。マレーシアに辛勝も…アジア大会組のA代表昇格は困難

U-21日本代表は24日、アジア競技大会の決勝トーナメント1回戦でU-23マレーシア代表に1-0で勝利して準々決勝進出を果たした。終盤のPK弾でなんとか逃げ切ったが、マレーシアにいつゴールを奪われてもおかしくない状況が続いていた。森保一監督がA代表とU-21代表の兼任になったことで、“昇格”も現実的になる中、実際にその資格を得るのにふさわしい人材は現れているのだろうか。(取材・文:元川悦子【インドネシア】)

前田大然

U-21日本、最終盤のPKでマレーシア撃破! 苦しみながらもアジア大会8強へ【どこよりも早い採点】

 8月24日、インドネシアで開催されているアジア競技大会の決勝トーナメント1回戦で、U-21日本代表がU-23マレーシア代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

森保一

「日本一いじられる監督」森保流マネジメントの極意。広島時代の教え子が感じる継続と変化

U-21日本代表の森保一監督は、アジア競技大会に参戦中の23日に50歳の誕生日を迎えた。そして24日には決勝トーナメント1回戦でマレーシアと対戦する。負けたら終わりの大一番に向けて必要なこととは。森保流の指導法から勝つための方策を探る。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

三好 板倉

俺たちフロンターレ育ち。三好康児と板倉滉、武者修業で掴んだ自信と共鳴する日本代表への思い

U-21日本代表には、川崎フロンターレから期限付き移籍に出た今季、大きく飛躍を遂げた2人がいる。三好康児と板倉滉。小学5年生の頃から同じチームで育ち、同じタイミングでプロになり、ずっと一緒に育ってきた。彼らは今、将来に向けて何を思うのか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

新着記事

↑top