U-21

U-21日本代表

森保Jに今こそ必要な「敢闘精神」。男子バスケ・フィリピン代表に学ぶ「努力」の本質

森保一監督率いるU-21日本代表は、インドネシアでアジア競技大会に参戦している。無事に決勝トーナメント進出を果たした彼らに、今必要なこととは。アジアを熱狂の渦に巻き込む他競技の試合で見られた光景にヒントがあったかもしれない。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

東京五輪世代から日本代表へ。森保兼任監督が「アジア」で見極める本当のポテンシャル

東京五輪を目指すU-21日本代表は、インドネシアでアジア競技大会に臨んでいる。無事にグループリーグ突破を決めたが、3試合とも簡単な戦いではなかった。アジアの厳しい環境のもとで、A代表との兼任になった森保一監督は、若い選手たちに何を求め、どのような適性を持った選手を探しているのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

U-21日本代表

森保監督が「東京五輪世代」に求める3つの能力。A代表にも通じる日本が抱えた積年の課題

森保一監督率いるU-21日本代表は19日、アジア競技大会のグループリーグ第3戦でベトナムに0-1の敗戦を喫した。スコア以上に力の差を感じる試合展開の中で、指揮官は選手たちにどのようなメッセージを伝え、期待していたのか。逆転勝利とはならなかったが、敗戦からA代表との兼任監督が日本の若手たちに求めている能力も見えてきた。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

遠藤渓太

遠藤渓太を貫く「悔しさ」。マリノスでの成長を代表へ、森保Jで生き残るために必要な素養

すでにアジア競技大会で決勝トーナメント進出を決めているU-21日本代表は、グループ首位の座をかけて19日にU-23ベトナム代表と対戦する。森保一監督率いるチームは、1月にアジア準優勝まで上り詰めた強敵相手にどんな戦いを見せるのか。そして、戦術の肝になるポジションのウィングバックでは、横浜F・マリノスの遠藤渓太が生き残りを目指してもがいている。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

ノゲイラ

アジア大会で再起図るパキスタン代表。監督は日本でも指導、失った3年間を取り戻すために

アジア競技大会のグループリーグ第2戦で、U-21日本代表に0-4で敗れたU-23パキスタン代表。実は今大会は彼らにとって3年ぶりの国際試合だった。失った時間を取り戻し、パキスタンフットボール界を発展させるために立ち上がったのは、日本でも指導経験があるブラジル人監督だった。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

若き森保J、中1日で見せた確かな成長の跡。アジア大会決勝Tへ、現状の成果と課題

インドネシアで行われているアジア競技大会。サッカー男子は16日にグループリーグ第2戦を迎え、U-21日本代表とU-23パキスタン代表が対戦した。前の試合から中1日という過酷なスケジュールの中、森保ジャパンはしっかりと課題に向き合い、大会の中で成長した姿を見せていた。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

U-21日本、2連勝でアジア大会決勝Tに王手。先発8人変更でパキスタン圧倒【どこよりも早い採点】

8月16日、インドネシアで開催されているアジア競技大会のグループリーグ第2戦で、U-21日本代表がU-23パキスタン代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

岩崎悠人

森保J、岩崎悠人の突進力が逆風を追い風に変えるか。パキスタン戦で「全員戦力」の証明を

森保一監督が率いるU-21日本代表は、16日にアジア大会のグループリーグ第2戦でU-23パキスタン代表と対戦する。初戦から中1日という厳しいスケジュールではあるが、勝利して決勝トーナメント進出を決めたいところだ。ネパール相手に苦戦を強いられ逆風が吹き荒れる中、若きサムライブルーに必要なこととは何だろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

まさかの大凡戦。森保J、アジア大会初戦でネパールに苦戦。拭えぬ停滞感…改善の余地は?

森保一監督率いるU-21日本代表は14日、アジア競技大会のグループリーグ初戦でネパールと対戦した。明らかな実力差のある相手に、終始主導権を握りながら1-0。勝ち点3こそ確保したものの、内容は十分とは言えなかった。停滞感の強かったチームに状況を改善する余地はあるのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

新着記事

↑top