ドイツ代表、欧州王者への道のりは決勝の地から。期待背負う19歳、有望株の長所は“鈍感力”

W杯王者のドイツ代表は、来年行われる欧州選手権に向けて開催国フランスと親善試合を行う。舞台は、開幕の地であり決勝の地であるスタッド・ド・フランス。欧州王者を最大の目標に掲げるドイツ代表は、この地からその道のりが始まる。そして、ドイツでは今19歳のリロイ・サネに注目が集まっている。この有望株の長所は、どんなプレッシャーも感じない“鈍感力”。果たして、A代表デビューとの一戦でその力を発揮できるだろうか。

2015年11月13日(Fri)14時55分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

フランスと親善試合を戦うドイツ、舞台は決勝の地

20151113_low_Getty
ドイツ代表のヨハヒム・レーブ監督【写真:Getty Images】

 試合会場は決勝の舞台だ。2015年11月13日、ドイツ代表はアウェイでフランス代表とのテストマッチに臨む。17日のホームはハノーファーでのオランダ代表戦と併せて、ドイツ代表にとって今年最後の2連戦である。

 ドイツ代表とフランス代表の試合は、パリにあるスタッド・ド・フランスで行われる。フランス代表戦において、代表監督ヨハヒム・レーブは、まず翌年に迫った欧州選手権の「感触」を確かめることを主眼とする。

「来夏のフランスで待つ感触を得られるのは嬉しいよ。我々はスタッド・ド・フランスでプレーするが、ここでは2016年7月10日に欧州王者が生まれる。それはまた我々とって本当に良い機会だ。このスタジアムの雰囲気を1度体験しているのはね」

 スタッド・ド・フランスは開幕の舞台であり、決勝の地である。レーブは欧州制覇を目論む。少なくとも決勝進出は見据えている。またフランス代表とのテストマッチは、本大会の出場が決まる前からスケジュールに組まれていた。ドイツ代表にとって「欧州王者」こそが、2016年における唯一にして最大の目標なのだ。

 フランス代表戦に向けて招集されたメンバーでは、復帰したマリオ・ゴメスと初招集のリロイ・サネに注目が集まっている。レーブは、ゴメスがトルコでリズムと自信を取り戻したと見た。ゴメスは今季、フィオレンティーナからベシクタシュに期限付きで移籍している。

「マリオはトルコで再びゴールを挙げ、ヨーロッパリーグでも成果を上げて再び安定してきている。彼はチャンスを得たんだ。攻撃陣の1つのオプションであるというクオリティを我々に証明するチャンスをね」

 昨年のブラジルW杯の後でミロスラフ・クローゼが引退してから、ドイツ代表はCFの不足に少なからず頭を悩ませている。ゴメスは、“クローゼ後の問題”の解決策となるだろうか。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top